☆NOB☆のプロフィール

19**年に三重県で生まれました。子供の頃から病気や怪我が多く、現在も色々な持病を抱えています。平熱が高いせいか風邪などのウィルスによる病気はしないけれど、奇病にかかるのが特徴(?)です。メニエル病、膠原病、鉄欠乏性貧血・・・。まず治らないと言われている病気と診断されてしまいます。

10年程前に半年ずっと咳が続き体調が悪く体中に発疹が出来、どこの病院に行っても診断がつかず…その挙句に40度の高熱と体中の筋肉が激痛になり動く事も出来なくなり寝たきり生活になりました。7年前に運良くテレビを観ていた時に出演されていた医師のいる病院で診察を受けやっと膠原病を発見されました。ステロイド治療を受け、容姿も体力も今までとは全く変わってしまいました。この持病のおかげで就職も厳しくなり、面接に行っても病気が原因で不採用になる事も・・・。

その後も追突事故で右側の肩から腕にかけて後遺症が残りました。けれど、たくさんの人に助けられ、側に居てくれる大切な家族(パグ&フレンチブルドッグ8人)に癒され、ずっと幸せで笑顔でいられています。最近やっと落ち着いてきた気がします。

実は父は私が生まれて3日目からいません。初めての御対面は幼稚園の頃で父の御葬式の時の棺桶の中でヒゲを生やした姿でした。赤ちゃんの頃は祖母が育ててくれたので、すっかりおばあちゃんっ子になり、こんな甘えん坊な大人に育ちました。生い立ちからして複雑だという事を知ったのは高校生くらい。それまでは母や姉に守られていた為、伸び伸びと自由奔放に育って来ました。

小学生時代はいつもいたずらばかりしているし捨て猫をどんどん拾ってきてしまい、家を猫屋敷にしてしまったりしていました。屋根に登っているか木に登っているか危ないところばかりにいるし、夜中に二階の屋根から飛び降りて友達の家に遊びに行ったり。お利口さんの姉とは真逆の幼少期を過ごしました。

そんな活発でも青い顔をしていて小さい子供なのに頭痛持ちで体温も高いので保健室に行くと必ず帰される様なそんな病気がちな子供も19歳で娘を出産。21歳で家族に内緒で大型自動車とけん引免許を取得して勝手に就職を決め、その1年後に無事にシングルマザーになりました。夜、パブやミニクラブで働きながら数ヶ月後にバスガイドに就職。その後、免許を活かし車輌全般の回送という職種で派遣会社に就職しました。契約期間終了の時期にコンパニオンの社長からお誘いを受けてそこから3年、パーティなどのコンパニオン会社でマネージャー兼コンパニオンとして働きました。その後はエステティシャンや広告会社の営業から銀座のクラブまで、現在は普通に会社勤めをしています。

家庭の事情や環境で数々の経験をした事をこのブログで少しずつお伝えします。私と同じ悩みを抱えてる人や初めての事で不安な人達にこのブログが少しでも参考になればいいなぁと思っています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です