40代主婦の仕事探しの現実は?正社員は厳しい!?

こんにちは!NOBです!

本日のテーマは「40代主婦の仕事探しの現実は?正社員は厳しい!?」です。

女性は結婚や出産を機に離職するケースが多く見られますが40代になって子育てが一段落する頃に働きに出ようと考える人もたくさんいますよね。


ただ、この年齢の主婦が長いブランクがありながら仕事探しをする際に現実はどうなのか、 正社員を希望していても厳しいのか不安になるところではないかと思います。

40代主婦の仕事探しの現実は?

40代というと子供も大きくなり子育てが一段落した感じの女性が多い年代ですね。

さらに結婚当初は不慣れで手際が悪かった家事もベテランの域に達し余裕が出てくる頃。

子供に手がかからなくなり自分の時間が多くとれるようになるとその時間で働ける職を探したいと考える女性は多いのが現実でしょう。

この頃になると確かに育児からは解放されて肉体的には楽チンですが、それとは違う悩みも出てくる頃ですよね。

それは金銭的な悩み。

この頃は学費が嵩む年代で多くの主婦が働きに出る理由がこの問題というのが現実です。

私の知り合いも3人の子供が次々に大学に進学し毎年の学費がとんでもない金額で共働きじやないと絶対に無理なレベルだと話していましたが、大学進学でかかる費用は学費だけじゃなく寮費や下宿代や仕送りなど雑費が驚くほどかかるそう。

これを補うために働きに出る選択をするしかないという厳しい状況が現実というわけです。

また、まだ小学校や中学校に通っているという家庭でも後々の教育費のことを考えると40代のうちに職探しをしてなるべく貯蓄を増やしておきたいと考えるでしょう。

ですがここで不安なのは結婚や出産で職場を離れて長年のブランクがあるということ。

これがネックになって働き口探しが困難で厳しいという現実があるんじゃないかと思ってしまいます。

さらにいくら育児は一段落したと言ってもやはり20〜30代の独身の女性と比べると残業ができなかったり学校行事で休む必要が出てきてしまったりと職探しの条件は悪いような気も。

しかも特別手に職を持っているとか資格があるという人はそれが強みになって職探しが円滑に進みますがそうではない人はけっこう苦労する可能性が高いですよね。

企業の求人では40代という年齢がひっかかる可能性も高く、さらに現実が厳しいと思えてしまうわけですが、実はこの20年間で働く主婦は増え続けているのです。

一昔前ですと40代の女性にとって、この年齢での働く場所探しは困難を極めていたのかもしれませんが今の時代は逆にこの年齢の女性を積極的に雇いたいという会社が増えているということです。

このことからも「働きに出たい!」と思ったら雇ってくれる会社はあるのですが、簡単かどうかと言われると現実としては厳しいためいくつもの会社に応募する必要があるということになります。


主婦の再就職で正社員は厳しい!?

専業主婦だった女性が社会復帰しようと就職活動した時に正社員で働きたいという人は多いかもしれません。

パートやアルバイトに比べると安定感がありますし待遇も昇給や有給休暇など魅力的なところが満載ですから。

でも果たして企業側が長いブランクがある40代の主婦を正社員として採用してくれるのかというのが不安な点ですよね。

これについては会社がどんな人材を希望しているかということが大きく関係してくると思いますが、40代以降の女性を積極的に募集している会社も少なくないはずです。

実際に私の勤める会社はどちらかというとこの年代を正社員雇用する傾向が強いです。

20〜30代という世代を採用すると結婚や出産で会社を辞めてしまう可能性があったり、小さい子供を抱えているとどうしても保育園や学校の行事やお子さんの病気などで急に休むことになったりしがちですが、私の会社では人手が少ないので休まれたりすると困るというのが現実です。

そのためどちらかというと育児も落ち着き突然の欠勤や早退の可能性が少ない40代の主婦を積極的に正社員で雇用しています。

このように、子育てや家事が一段落している世代は安定して勤務ができるという点で、まだ子育て真っ最中の女性よりも重宝だという考え方をする会社はたくさんあるというのが現実ではないでしょうか。

ただ、やはり家庭と両立しながら働くために希望する職種は事務職が圧倒的に多いということで、厳しいということになるのかもしれませんね。

また、長年主婦をやっていた人がいきなり正社員として働くということもかなり負担が大きくなるという問題が生じてくると思います。

フルタイムで8時間の労働、さらに休日も土日のみで家事や育児と両立することは、慣れている人なら負担になることもないでしょうけれどそれまで専業主婦だった人には体力的にも精神的にも厳しいということは想像できますよね。

ですので何も最初から正社員を希望しなくても、まずはパートやアルバイト、派遣という雇用形態で就職して心身を慣らすということも視野に入れてみるのも一つの手段です。

パートで就職した後に能力を認めてもらえて正社員に採用される例はたくさんありますし、アルバイトしながら新たに社員を募集するという情報が入ったら自分から申し出る方法もありますよね。

また、とにかく正規雇用に拘って雇ってもらえるなら何でもいいという考えで就職してしまい、やってみたら自分に合わない職場で辛い思いをしてしまうということもあるのでパートやアルバイトで様子見をして・・・というのもアリじゃないかなと思います。

もしも社会保険などに加入したいということならパートでも加入できる場合もあるので就活する時によく調べてみることをお勧めします。

40代女性が仕事探しで成功できるコツは?

40代の女性の中には職探しを成功させている人が現実にたくさんいますが、うまくいくコツがいくつかあるように思います。

しかも近年ではこの世代の求人が増加傾向にあるという嬉しい情報も。

ただし事務職などは人気があるためかなり競争率高めの職種で採用を勝ち取るにはかなり厳しい職だと認識しておく必要があります。

また、大手企業には人気が集まりやすく競争率も高くなってしまいますが中小企業は人手不足が深刻な場合が多いので正社員を希望する場合には狙いめかもしれませんね。

 

私の知り合いも40歳後半で職探しをしていましたが、話に聞く限りではそれなりにニーズがあり自分の希望条件に合った会社を選ぶことができていたように思います。

私の会社も人手不足は深刻というのが現実で、従業員に突然休まれたりすると困ってしまうということで若い世代よりもむしろ育児が落ち着いて安定して仕事ができる世代をターゲットにしていたため中小企業で正社員の求人を出しているところを探すのが成功のコツかと思います。

さらに「絶対に事務職がいい!」などと職種を限定しすぎると採用される確率が厳しい状況になるので、できれば少し視野を広げて探してみることもコツのひとつです。

世の中にはこの世代が活躍できる職種がいくつも存在しています。主婦としての家事の腕前を活かして家事代行という選択肢も考えられます。

今は家事代行のニーズがどんどん高まっている時代ですので求人も多くでている職種です。

また、生命保険の会社では40代ではまだまだバリバリに活躍できる年齢で、同僚にはさらに上の年代がたくさん所属しているのでどちらかというと若手の中に入るようですし頑張り次第では収入をアップさせることも可能な職種です。

長く主婦をしてきた女性が職探しをする時にまずはハローワークを利用する場合が多いと思いますが、ここで職員の人に自分と同年代を積極的に雇用している企業をチョイスしてもらうという手段もあります。

ハローワークの職員は数多くの業種を扱っているのでまずは相談してみると思いの外条件がいい職業を紹介してくれるかもしれません。

私がハローワークを利用した時にも私の希望を細かくヒアリングしてそれに見合った企業や、条件とは少し違うけど好条件の求人を紹介してくれ、さらに企業側に細かい情報を問い合わせてくれたりとかなりいい対応をしてくれたという記憶があります。

また、転職サイトやエージェントを利用するというのもおすすめです。

サイト上にはブランクがあっても未経験でもOKという会社がたくさん求人を出しているので自分に合った条件や希望の職種が見つかる可能性が高いです。

主婦に特化した求人サイトもあるのでこちらもおすすめ。ただ、絶対に事務職じゃないとダメ!と決めてしまうと選択肢が狭くなってしまい厳しい状況になってしまうのでそこは柔軟に、色々な職種で検討してみるということがコツではないかと思います。

何よりも一番大切なことはあきらめずにいろいろな会社にアタックすることじゃないでしょうか。

今回は「40代主婦の仕事探しの現実は?正社員は難しい?」でお伝えしました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です