転職初日の初出勤に菓子折りは必要?出社時間は?

こんにちは!NOBです!

本日のテーマは「転職初日の初出勤に菓子折りは必要?出社時間は?」でお届けします!

やれやれ新しい職場が決まり晴れて初出勤の日を迎えるのはいいけれど、ここで悩むのは手土産を持参するかどうかということですね。


新しい職場ではぜひ第一印象をよくしたいと思うのが人間の心理というものですが初日に菓子折りを持参する必要があるのか・・・

さらに緊張の初出勤で出社時間や服装などいい印象を与えるマナーを検証してみたいと思います。

転職初日の初出勤に菓子折りは必要?

新しい職場に初めて出社する時に菓子折り持参って常識?非常識?というのは意見が分かれるところですが、絶対に必要かというと必ずしもそうではないと思います。

私の会社にもこれまでに何人も途中入社してくる人がいましたが初日に菓子折りを持参して出社した人は一人もいませんし、それで第一印象が悪くなったという例もありませんのでマナーに反しているということではないと思います。

ただ、もしも初出勤の時に菓子折りを持ってくる人がいたら「よく気がつく人だな」とか「しっかりした人だな」といった印象を受けると思います。

ですがこのことで逆に悪い印象を与えてしまうことにも繋がる可能性があるので最低限のマナーは心得ておく必要があるでしょう。

NG行為の例としては社長や直属の上司といった上の人達に限定して菓子折りを用意してくること。

この場合には逆に上司にだけご機嫌取りしている、ゴマをすっている、下心見え見えと思われてその光景を目にした人たちに悪い印象を与えてしまいます。

そんなことを防ぐために、初日の初出勤で菓子折りを用意する時には職場の人全員が食べられるものがおすすめです。

そしてお菓子を上司に手渡す時には「良かったらみなさんで召し上がってください」、または挨拶の際に一人一人に手渡す場合には「よろしくお願いします」と一言添えると好印象です。

それに加えて頭に置いておきたいのはお菓子の種類。

初出勤に手土産として持参する菓子折りはちゃんとした箱に入っているものを用意する必要があります。

そして気を付けたいのは仕事の合間に手軽に食べられるお菓子をチョイスするということ。

ケーキのように食べるためにはフォークが必要だったり手が汚れてしまったりするものや賞味期限が短いものは避け、日持ちして一つ一つ個包装されているものがベストです。

個包装されていればそれぞれが自分のタイミングで食べることができますし仕事の手を止めることがないので初出勤の時でもこのくらいの気遣いは必要ですよね。

さらに、いくら初日だからといって気合を入れすぎてひどく高額な菓子折りを持参するのも考えものです。むしろこの場合には普通の価格帯の品物の方が無難。出社してみないと社員が何人いるかわからない場合も多いのでなるべく数がたくさん入っている品物で賞味期限が長め、好き嫌いが分かれないというのがポイントでしょうね。

また遠方から就職する人は初出勤で出身地ならではの菓子折りをチョイスすると入社したての話題のきっかけ作りに最適じゃないかと思います。

初日に菓子折りが必要か悩むところですが、持参しないのが非常識ということではありませんが持って行ったほうが好印象になることは間違いないでしょうね。

ただし、あまりにも気合が入りすぎたものは逆に嫌味な感じになって初出勤で悪いイメージがついてしまうので要注意です。


初出勤の出社時間や服装のマナーは?

緊張の初出勤の日、菓子折りが必要かということに加えて大切なのが何分前に行くのが妥当な線かということです。

出社時間は就業規則通りに行けばいいとギリギリに職場に到着するつもりなんてマナーに反していますし、遅刻なんて絶対にNGです。

遅刻しなければいいというものでもなく初日は始業の時間よりも早めに出社することは必須です。

ただ会社によって時間が指定されている場合もあるのでそんな時には規則に従って行動することになりますが、そうではない場合には30分前が妥当な時間だと考えていいと思います。

ですが職場によっては他の社員の出勤してくる時間が早く、新人のあなたが出社したら先輩社員がみんな揃っていた・・・菓子折りを渡すタイミングも遅くなってしまった・・・なんてバツが悪い事態は避けたいところ。

最初はわからなくて当然ですがやはり先輩よりも遅いと入社してからのイメージダウンにもつながってしまうので、採用担当者などに何時頃に出社したらいいか事前に時間を確認しておくことをおすすめします。

一般的には20分から30分前に出社することが多いようですが、これは勤続年数は特に関係なくこの程度の余裕を持って出てくる人が多いということです。

私の会社の若い人は入社した日から変わらずギリギリに出勤していますが、先輩社員が早く会社に到着しているのにギリギリに来る理由を聞いたら早く来る必要性は感じないし雇用条件の始業の時間に間に合ってるからペナルティにはならないから・・・と話していました。

考え方は人それぞれなので遅刻じゃなければ問題ないというのも正解ですが、やはり常識的なマナーとしては初日の初出勤では他の社員よりも早めの時間に出社していた方が印象は良いですよね。

そしてさらに悩むのが初日の服装です。

初めての日が一番目立ってしまいますがこの時の服装で第一印象が決まってしまうこともあるので好印象を持ってもらうためには気をつける必要があるでしょう。

新しい職場に制服があることも多いですがその場合でも合わせる靴やインナーを決められいる場合があるので初出勤の日までに確認をしておいたほうがいいと思います。

以前、私の知り合いが働いていた職場では上は制服が貸与され下は自分で用意しますが黒のパンツスタイルでジーパンはNGという規定があり出社の初日に慌てたという話を聞きました。こういう例はかなり多いように思いますので注意が必要な点です。

私服の場合にはスーツが無難ですが、事前に職場の人たちをチェックしておくと他の社員に合わせることができるのでおすすめします。

例えばスーツに合わせるシャツにしても、ストライプやカラーのものよりも初出勤の日は無難に白をチョイスした方が失敗の確率は少ないですしネクタイもシンプルなもので様子見を。

女性の場合にはパンツスタイルでもスカートでもOKですが靴はパンプスが無難です。

そして心がけたいのは清潔感のある服装。

いくらスーツを着用して出社してもシャツやジャケットがしわだらけでヨレヨレのものでは第一印象はがた落ちです。

しっかりアイロンがかかったスーツなら清潔感を損なうことはないので最低限のマナーとして心がけが必要ですね。

スーツに合わせて靴やバッグも、同じように清潔感を損なわないシンプルなものがおすすめです。

気を付けたいのは初日だからと気合を入れすぎて高級ブランドで身を包んだりド派手な服装で目立ってしまうこと。

新人なのに嫌味な感じにとられてしまうのでこれは避けたいです。

また、女性はメイクもケバいお化粧は避けてナチュラルメイクを心がける必要があるでしょう。

ヘアスタイルも仕事をしに来ているわけですから場違いな髪型は避けます。

職場はおしゃれをアピールする場所ではなくあくまでも仕事に来ているのですから控えめを心がけたいですね。

転職初日に好感を持たれるためにやるべきこと

初出勤の時には先輩社員に笑顔で挨拶することを忘れてはいけません。

初対面で挨拶をしっかりできない人はそれだけでマイナスイメージになるので長く仕事をしていく上で人間関係を円滑にするためには絶対に怠らないように。

後から入社したあなたが真っ先に挨拶するのがマナーですので一人一人に笑顔で元気に挨拶して好印象を持ってもらえるように努めましょう。この時に菓子折りがあると話題のきっかけにもなりますよね。

また、就職先には自分よりも年下の先輩が必ずいるものですが、自分のほうが年上だからとタメ口で話すのはNGです。

年下といっても職場では先輩になるわけですから丁寧な言葉遣いを忘れないようにしましょう。

最初に自己紹介を求められることが多いと思いますがこの時に大切なのは名前の他にそれまで携ってきたこと、出身地、趣味などを簡潔に盛り込むと親しみやすい印象になりますし、新しい職場での意気込みがわかる内容で話すこともおすすめです。

注意したいのはあまり長い時間にならないように要点を上手にまとめることと、ここでもやはり笑顔は必須です。

さらに、前職でどんな仕事をしてきたかということを話す際に自分の実績をずらずら並べて能力をアピールしてしまうと上から目線と捉えられ印象を悪くしてしまうので注意する必要があります。

一方であまりにも自分を卑下してマイナスの言葉を発してしまうとやる気がないと思われたり能力不足じゃないかなどと思われてしまうので、自己紹介を求めれたら笑顔でハキハキとした口調で、あくまでもこれから仕事を教えてもらうという立場であることを意識して謙虚な挨拶を心がけましょう。

そして初日にまず意識したいのは、なるべく早く職場の雰囲気や仲間に溶け込むことです。

なので最初に偉そうな態度を取ってしまうと好印象を持たれないので自分から積極的に教えてもらうように先輩に質問したり動くことが重要です。

新しい会社ではたくさんの人が大勢いるわけですが、早く職場の仲間の顔と名前を覚えてそこで働く人たちの力関係を把握することも必要ですね。

先輩たちの顔と名前を覚えたらその会社の職務上のルールなどを教えてもらえるようになるので積極的に自分からコミュニケーションを取っていくことはとても重要なことです。

また、業務でわからないことが出てきた場合には自分で勝手に判断せずに素直に上司に確認し、教えてもらったことはメモしておくと次に同じ問題が出てきた時に同じ質問をすることなく対応することができます。

初日に気をつけたいことや守るべきマナーについて色々と見て来ましたが、新しい職場でいかに上手くやっていけるのかというのは初出勤の時の第一印象がその後に大きく影響してしまいます。

第一印象で悪いイメージを持たれてしまうとそれを払拭して好印象に持っていくことは相当努力しなければいけなくなるため、初めて出社する日はできるだけ好感を持たれるように努力したいですよね。

初日にいい印象を持ってもらえればそれ以降の業務もすんなりと教えてもらえたり親切にしてもらえる可能性が高くなるので第一印象はかなり重要です。

今回、ここで紹介したことを意識して行動したり、出社時間を気をつけたりするということは何もひどく難しいことではなく本当に常識的な範囲内ですのでぜひ参考にしてみてくださいね。

どんな職場でも共通して言えることは、上司や同僚との人間関係がうまくいっている場合には多少仕事が大変でも頑張ることができますが、人間関係がうまくいかないと仕事内容に問題がなくても会社にいる時間が苦痛になってしまい結局辞めてしまうことになるので仕事ができるできないということよりもまずは上司や同僚に早く溶け込んでしまうことが新しい職場でうまくやっていくポイントになることは間違いありません。

ということで今回は「転職初日に菓子折りは必要?出社時間は?」でお伝えしました!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です