転職に失敗する人の特徴と失敗例は?

こんにちは!NOBです!

今日のテーマは「転職に失敗する人の特徴と失敗例は?」です。

さまざな事情で職を変えようと試みた人も多いと思いますが、せっかく念願の企業に就職できたはずなのに何か違う・・・。


こんなはずじゃなかったなど失敗だったんじゃないかと思う瞬間がありますよね。

そんな時はどうするの?と悩んでしまうわけですがこんな風に思い悩むのはあなただけじゃなくほかにもたくさんいるんです。

転職に失敗する人の特徴は?

同じ仕事を変えるにしても、希望の職に就けて成功する人となぜか失敗する人といますがそこにはいくつかの特徴が見られるんです。

そんなことからまずは何度も何度も仕事を変えているのにうまくいかない人や変えたくても就職できない人によく見られる例をいくつか挙げてみたいと思います。

自分に能力が不足しているのにレベルの高い会社を目指してしまった例。

自分に自信を持つことは大切なことですが、かといって能力が足りていないことに気がつかずにハイレベルな会社に応募してしまったら、他の能力のある人を採用してしまうとこは必然ですので採用されることはなくそれは失敗に終わるでしょう。

何度もいろんな会社の面接を受けても全然受からない場合には自分の能力と相手側が求めるものをよく検証してみることをおすすめします。

また、それまでやってきた仕事とは全く違う分野の仕事を選ぶ人も特徴に挙げられますがこの例も、相手側の企業からすると即戦力にもならないと判断されてしまい採用されることが難しくなってしまいます。

今までの仕事内容と違った職種に変わりたい場合には、相手側が即戦力を求めているのか未経験者でもOKなのかという点を確かめてから応募しましょう。

やりたい職種に有利になる資格などを取得してから臨むのも有効です。

仕事を変えることを考えた時に、現在の会社を退職してしまってから仕事探しを始める人が多いという特徴もありますが、この場合は予定していた通りに次の仕事が見つからなかった場合には生活が困窮してしまい、焦りが出てしまうので失敗する可能性が高まります。

自己都合で退職した場合には失業保険は3ヶ月後からしかもらえないので、その期間は無職の状態になってしまいますね。その間、十分に生活できるくらいの貯蓄があったり、無職の期間を念頭に置いた計画を立てて臨む人は問題ありませんが仕事を辞めたいという感情が湧いている時にはとかく「今すぐに辞めたい!!」という衝動に駆られ特徴が。

こんな衝動で突発的に仕事を辞めてしまうという例はあまりいい選択とは言えません。 一度、冷静になってよく考えてから行動しましょう。

また、友人などの話を聞いて待遇その他が魅力的に思える場合はいい部分しか聞いていないため例えうまく入社できたとしても想定していない大変な部分が出てくると不満が募ってまた辞めたくなってしまうという特徴があります。

友人や知人から聞いた情報だけじゃなく、勤務体制や待遇面など細かい部分をちゃんと調べた上で臨みましょう。

例えうまく職場を変えることができたとしても、入社してから「こんなはずじゃなかった」という事態に陥る場合も多いでしょう。

先述したように給料面で前の会社よりも好待遇と思って入社したら、実際には確かにお給料は多いけど激務だったとか、ノルマがキツくて大変だったなどということで仕事を変えたこと事態が失敗だったと感じる特徴も。

給料面での不満で仕事を変えたいと思う人は多いと思いますが、労働収入を得る職種なら給料が良いというのは肉体的にキツい、精神的にキツいなど大変な仕事だということを覚悟した方がいいです。お金を稼ぐというのは楽してできるものではないということを認識しましょう。


転職の失敗例から学ぶこと

私自身もこれまでに何度か職を変えた経験があったり、勤めている会社に入社するもあっという間に辞めていったりする人を見てきた失敗例から学ぶことを挙げていきましょう。

まず、私がこれまでで経験した例は友人が勤める会社に入社した時のこと。友人からの紹介ということもありすんなり入社できたのはいいんですがいざ仕事を始めると友人とは違う部署に配属になり、聞いていた仕事内容とは異なっていたというものでした。

人の話ばかり鵜呑みにしていた私はその職種が合わずに一年ほどで退職することに。もし人伝てに聞いた話からそっちの会社に魅力を感じた場合には「隣の芝生は青く見える」ということかもしれないので、もしも友人の紹介だとしたら悪い点を聞いてみるのもいいかもしれません。

また、私が現在勤めている会社はとにかく人の出入りが激しい会社。

以前、配属されていたところでは求人募集を出すと次々と人が入社してくるんですが2日や3日で辞めていく人続出でした。その失敗例の多くの特徴は仕事の内容を把握せずに簡単な事務職だと思って入ってきたことでした。

私自身が求人募集を出していたわけではないのでどんな内容だったのかはわかりませんが、事務職のほかの雑務全般をこなす必要があり、中には力仕事やお金の管理も。

ところが電話応対だけでいいと思って入社した多くの人は私が仕事の流れを説明すると数日後に出社してこなくなるという例が多かったです。

この時、絶対に続かないだろうと思える失敗例の特徴を挙げると

・えんぴつより重たい物を持ったことがないとアピールしていた人⇒重い荷物を持つ必要があると説明すると「こんなはずじゃなかった」感満載。

・自分が責任を持つような仕事はできないとアピールしていた人⇒お金の管理やパートの休日管理、顧客管理など全てを一人で責任を持つ必要があると説明すると「こんなはずじゃなかった」感満載。

・入社してすぐから休みが少ないとボヤく人⇒日祭日以外は休みがないと説明すると「こんなはずじゃなかった」感満載。

こんな感じの人は入社するもあっという間に辞めてしまいました。

この例から学ぶことは、面接の時に細かい仕事内容を確認することが大切という点でしょう。

力仕事が必ずついてくる仕事に腰の悪い人がきてしまって困った経験も。このように内容によっては身体的に無理が生じることがあるので自分の状態を把握した上で確認が必要です。

また、現在の部署では収入に惹かれて入ってくる人がほとんどですが、お給料が他の会社よりも少しいいということはそれなりの肉体労働と激務が伴うことを覚悟した方がいいでしょう。

ここを理解しないで額面だけ見て入社してきた人は続いても2週間しか持たないという特徴がありました。とにかく慣れるまで肉体的に大変な上に覚えることが多く、やるべきことが山積するという生活が続き、さらに普通の会社のように休みがたくさんあるわけではないので「お給料いいから来ました!」という感じの人はすぐに辞めてしまいます。

いずれにしてもこのような失敗例から学ぶことは楽して報酬をもらうことはあり得ないことで、もしあるとしたらブラック企業か詐欺だと思った方がいいでしょう。

転職が原因でうつ病に?対処法は?

自分が希望する職場にうまく就職できたとしても仕事を始めてみないとわからないことはたくさんありますね。

中でも一番難しいのが人間関係じゃないかと感じていますが、こればっかりは入社してみないと内情がわかりません。

実際に私の会社でも、従業員同士の人間関係のいざこざでうつ病を発症した人も。

せっかく就職した会社なのに病気になってしまったらどう対処したらいいのか考えてみると、やはりその環境から離れるのが望ましいんじゃないかと思います。

私の会社で職場の人間関係からうつ病になった人は、薬で治療をしながら仕事を続けていましたが一日の大半の時間を過ごす会社という場所事態がストレスの原因ということもあり一向に良くなる気配は見えませんでした。

この人は勤続年数が長い人でしたがベテランでも人間関係に問題が出ると心の病を患ってしまうわけですから、就職したばかりで上司や同僚とうまくいかないとうつ病になってしまう確率は高くなってしまいます。

この場合は自分以外の人を変えることなんて不可能ですので自分が離れるというのが対処法としては一番簡単で有効じゃないかと思います。

私自身も人見知りが激しいために職場環境が変わると一番のストレスが人間関係です。中には新人いじめのように意地悪する人もいたりとうつ病にまでは行かなくてもかなり精神的に辛い経験をしたことも。

このことから、もしもストレスの原因が職場の人間関係だとしたら転職すれば元凶が取り除かれるため病が改善されていくはずです。

外国と違って今の日本では職歴の数が多いのはあまりいい印象を与えないということは事実ですが、精神的な病を抱えたまま無理するとうつ病を悪化させてしまうことになりかねません。

この他に実際にあった失敗談は、前に勤めていた会社よりも好待遇だと思って入ったら残業や休日出勤が目白押しで前職の方が良かったということや、入社してみたら求人情報に書かれていた内容と全く違っていた、自分がやりたい仕事があり会社を変えたが実際にはやりたい仕事はほぼさせてもらえなかったという失敗談などなど。

また、私の妹が今の職場に就職した時の失敗談では、面接の時に聞いていたこととは全くかけ離れて毎日毎日帰りが遅くなる、お給料の額面は間違っていなかったけど思いもかけない経費が掛かることを入社後に知った、入社してから資格取得のために毎日勉強を家に持ち帰るため自分の時間を全くとれない、顧客の都合に合わせて土日でも仕事になる可能性がある・・・など。

これらのことは求人情報や面接時にはわからないことばかりで入社してから「こんなはずじゃなかった」と後悔してしまう失敗談になり得ます。

ただ、この場合には人間関係という精神的な面の失敗談とは違って仕事に慣れれば解決する問題や昇級が見込める職業であることから、頑張ってキャリアを積めば済むことで職場を考える失敗談ではないと感じます。

このように失敗したという例はたくさんありますが、やはりそれまでの環境から大きく変わることからそれなりの覚悟が必要ということでしょうね。

今回は「転職に失敗する人の特徴と失敗例は?」でした!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です