転職で後悔する人の4つの特徴は?後悔しないためには?

こんにちは!NOBです!

本日のテーマは「転職で後悔する人の4つの特徴は?後悔しないためには?」です!

昔はひとつの会社に長く勤めるというのが理想とされていましたが、近年では仕事を変わることに対しての世間の見方は以前に比べるとかなりゆるくなっていますよね。


就職したのはいいけどなんかしっくりいかない・・・。

職を変わりたい!と考えている方も多いでしょうね。

ですが、せっかく念願叶って職を変えることができたのに後悔してしまう方が出てきてしまうという現実も。

そこで今回はその理由や対策方法など事前に理解しておきたい事柄についてお伝えしようと思います。

転職で後悔する人の4つの特徴は?

会社を変えた人の中にはそれがプラスの方向に働いた場合とマイナスに働いた場合の二つに分かれてしまうところです。

人生が左右される可能性があることですのでできれば良かったと思えるようにしたいと誰もが思うでしょうが、後から悔やむことになってしまう人は想像以上に多いんじゃないかと思います。

「なんだか前よりも悪いような気が・・・」

そんな風に思ってしまう方には共通する特徴が見られると言われています。

理想と現実のギャップがすご過ぎた

理想の職を求めて活動したのはいいけど実際に始めてみたら現実は今までとそれほど大きな変わりがなかった・・・これならわざわざ職を変える必要はなかったと後悔する人は理想が高すぎるか自己中心的な考えで辞めてしまうという特徴がありそうですよ。

また、仕事を変わることで上司が自分よりも年上になってしまうということもあり上下関係が難しくなるということも実際に入ってみて初めてわかることで、このギャップに悩んでしまうという場合もあるでしょう。

自分よりも年下の上司に指図されることに憤りを感じてしまって悔やんでいるはずです。

仕事に対する覚悟が足りない

「働く」ということに対して比較的甘い考えを持っている人は前職で業務が大変だと不満を漏らして他の会社に移るということを繰り返すパターンが多いんじゃないかと思います。

辞めた仕事に未練を感じる

業務内容や給料に不満を抱いてもっと条件の良いところに就職したつもりが実際に働き始めたら業務内容が以前よりもはるかに過酷・・・。

それを考えたら前の職場の方がまだ恵まれていたかも・・・。

辞めてから前の職場環境がいかに良かったかに気がついても後の祭りです。その時の感情に任せて勢いで辞めたという特徴がある方はこんな感情を抱きやすいかも・・・。

目的を間違っている

そもそも職を変わりたいと思う理由や目的が間違っている場合には後悔しやすい特徴があると思われます。

仕事が大変でイヤだ!と不満を抱くことも多いかもしれませんが過剰とも思える労働条件や理不尽な条件の場合には辞めるのも仕方ないと言えますが甘えから来る「大変」は職場を変わっても失敗を繰り返す結果になるでしょう。

この場合にはその目的自体を間違えてしまっている可能性も。現在の業務から逃げることが目的では上手くいかないということが考えられます。

中には後悔するだけじゃなく失敗してしまう方も。そんな方にも共通する特徴がみられます。こちらの記事もあわせてご覧ください。

転職に失敗する人の特徴と失敗例は?


成功する人との考え方の違い

会社を辞めてしまってからもう少し我慢しておけば良かったとがっかりするという事例は現実にかなりたくさんあるということですが、中には成功している事例もたくさんありますよね。

ではそれぞれの特徴の違いとは何が考えられるかということについて検証してみたいと思います。

なかなかいい会社に恵まれないと職を転々とすることを繰り返しその度にがっかりしてしまう方から見たら成功している人が羨ましく思えてしまいますよね。

「自分も同じように動いているはずなのに何であの人はあんなにいい仕事に就けたの?新しい職場でも楽しそうにしていて羨ましい・・・」

と不思議に思えてしまうでしょうけど、実際には根本的な考え方が違うということを知る必要があります。

それは前の職場を辞める段階からそもそも考え方が違っているという点じゃないかと思います。

成功したという場合には辞める時にも明確な目的を持って退職していることが多いです。

例えば自分がやりたい分野が明確で、それに挑戦できる分野を目指すなど将来のビジョンがしっかりできているというポジティブな考え方の場合には新しい職場で後悔するということは少なくなるでしょう。

また、自分のキャリアアップのために経験を積みたい場合にも成功している場合が多いと言えます。

理由は経験を積むためなら多少大変なことがあっても頑張ることができるためです。例えかなり大変な仕事だとしてもそれがいずれ自分の強みになるとしたら乗り越えられるということです。

そして会社を選ぶ時には一時の感情で突然辞めてしまうなどということはせず、時間をかけて応募しようと思う会社の情報収集などを行なったり自分に合っているかということをよく吟味しているという特徴もあります。

さらに応募先の企業をひとつに絞らず複数にチャレンジしているということも成功者の多くが実践していることです。

狙っている企業が中途採用の募集枠が少なければその分狭き門となってしまいますが、一社に決めてしまわずに複数にチャレンジすることで企業の方向性もそれぞれちがうことで採用を勝ち取れるチャンスが増えるということです。

成功している方に共通していることはこのほかに自分の希望を全て満たすことを求めないという点です。

仕事のこと以外でも自分の希望が完璧に叶う状況というのは少ないはずですが、職場にそれを求めてしまうと成功する確率がとても低くなってしまうと思います。

ですが職を変えるということで期待することは現状よりも良い環境を手に入れたいということですのでより自分の希望を叶えられる職場を見つけたいところですが、あまりにもそれに執着してしまうのはよくありません。

成功者はこの点を理解して、自分の希望の中で優先順位を付けて、譲れないことと妥協できる点を決めて活動を行なっているわけです。

成功している方は「とにかくなんでもいいから今の仕事を辞めたい!」などのネガティブな感情で動くのではなく、ポジティブで明るい考え方で動いているというのが最大の特徴ではないでしょうか。

後悔しないためにはどうするべき?

これから新しい会社に就職するなら絶対に成功したいですよね。

悔やむことがないようにするために事前にできる対策をいくつか挙げてみたいと思います。

まずは現在の職場を本当に辞める必要があるかということをしっかり考えてみることが必要です。

一時的な感情で辞めることを決めている場合がありますが、これは特に悔やんでしまうことにつながる可能性が高いことになります。

冷静になって考えてみるとそのこと自体にメリットが得られないという場合があるためにもう一度よく確認してみてはいかがでしょうか。

そしてやはり辞めることが最善だと思えたら、自分の中で何を一番優先させて会社を選ぶべきなのかを決めておくとその後の就職活動がスムーズに行き、さらにはただ漠然と、はっきりした目的がないまま新しい職に就いて結局がっかりするということを回避できるはずです。

次にできる対策は就職を志望する会社をいくつかチョイスしたら応募する前にたくさんの情報を調べておくこと、また、面接の時に残業や休日などの確認や仕事内容について聞いておくことが必要です。

これにより、新しい職場で働き始めてからこんなはずじゃなかった・・・ということを無くすことができますね。

これらのことをできるだけ効率よく進めたい場合や、忙しくてあまり時間がない場合には転職サイトなどを利用するというのもおすすめです。

担当のコンサルタントがサポートしてくれるシステムが利用できるサイトなどもあるため、例えば聞きにくいことなども確認してもらうことができますし、多くの企業を比べて自分の希望に見合う仕事をチョイスすることができるのでおすすめの方法です。

中には企業からスカウトが来ることもあるのでまた違った方面に可能性が広がるということも考えられますよ!

NOBの感想

 

私の身近に何度も職を転々とすることを繰り返す男性がいましたが、毎回就職してから辞めると言い出すまでのプロセスが同じでした。

どこの会社に就職しても、最初の数ヶ月間は大人しく勤めていても少しずつ会社の上司の態度や労働時間、福利厚生、給料の面に不満を漏らすようになり、挙句にこんなはずじゃなかったとある日突然辞めてしまうというパターン。

ここまでお伝えしてきたことと照らし合わせて見て行くと、このような心境になってしまうのは結局は自分に対する甘さや仕事への姿勢によるものじゃないかと思います。

ですので成功させることができるかどうかというのも本人次第ということになりますよね。

私自身も何度か経験したことがありますが、自分がやりたいことや好きなことがその人に合った仕事になるのが理想なんでしょうけど実際にはなかなか難しいですよね。

なので理想を求めてしまうよりも、自分に合った職を見つけられることが成功できるポイントじゃないかと思っています。

例えば、私の場合で言うと現在の仕事は好きなわけではないですし、やりたい仕事でもありません。

ですが内容は合っているんじゃないかと思います。その理由は仕事をすること自体にはストレスを感じないという点。

仕事内容にストレスを感じないので、職場環境としては決して良いとは言えませんが我慢ポイントはそこだな。と自分で納得して日々の業務をこなすことができています。

このように自分の中で我慢ポイントの順位を付けておくと「辞めてやる!」と思っても衝動的に行動することを抑えて

「人間関係はイヤだけど仕事はイヤじゃない、ここを辞めてほかに行っても同じ状況があるかもしれない」

と冷静に判断することができるんじゃないでしょうか。

先ほどお伝えしたように職を転々とすることを繰り返すうちにどんどん年齢が高くなっていってしまいます。そうした時に自分よりも年下の部下になるということは容易に想像できるわけですが、私の身近でこれ繰り返していた男性は年齢が進むにつれプライドが邪魔をして年下の上司への不満を募らせていたという現実もありましたから。

また、もしかしてほかの会社の方が今よりも条件がいいかも・・・と思って行動を起こしたのはいいけど実際には全く違った!と後悔して前の会社に戻ろうと思っても一旦辞めてしまった職場に戻るというのはできなくはないけれど辞める前と同じとはいかず結局失敗することに繋がるんじゃないかと思います。

自分の理想を全て叶えられる夢のような仕事はほぼ存在しないという事実を認識して天職を求めずに適職を求める方が成功する確率が高まるんじゃないでしょうか。

ということで今回は転職で後悔する人の4つの特徴と後悔しないための対策をお伝えしました!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です