看護師から保育士に転職するメリット・デメリット

こんにちは!NOBです!

今回のテーマは「看護師から保育士に転職するメリット・デメリット」です。

看護師は昔から女性が憧れる職業に挙げられることが多い仕事ですが実際に従事してみると想像以上に激務で離職を考える人が多いと言われています。


そんな中、今回は保育士に就職を希望している人についてお伝えしようと思います。

看護師が保育士を目指す理由

看護師になるには勉強を重ねて国家試験に合格する必要があり、かなり努力がいる職種ですが一度資格を取得してしまえば就職先には事欠かない安定した職種ということはみなさんご存知だと思います。

ですが、私のような素人が見ていても業務内容や勤務体制がかなり大変そうなイメージを持ってしまいますよね。

せっかく資格を取得してもその大変さに耐えきれずに辞めてしまったり違う職種を希望したりする人が多いようです。

私の知り合いにもせっかくナースの資格を取得して産婦人科に勤務していたのに夜勤や仕事の大変さから医療の仕事から完全に離れてしまって全然関係ない職業に就いてしまった人がいましたが、後から聞いてみると自分が志した理想と実際には思ったことのほとんどはできないという現実のギャップが大きいようでした。

具体的な理由を見ていくと、ひとつに人間関係の悩みがありますがこれは医療現場だけではなくどの職種でも仕事を辞めたいと思ってしまうことに挙げられますね。

白衣の天使と呼ばれるナースでも実は内情はパワハラやイジメが横行しているというのが実情です。

さらに夜勤が多い、長時間労働など労働環境の悪さもよく聞く理由に挙げられます。

休みが不規則なことや勤務中は休憩が取れないなど過酷な労働条件を不満に思う人も多いようです。

そんな過酷な仕事をしているにもかかわらず給与が見合わないと不満を抱くことも。

一般的なイメージとしては看護師は収入が良いという認識がありますが実際には仕事の大変さや勤務体制を踏まえて考えると見合っていないと不満に思う職員が多いということです。

人手不足の職種ということで一人で抱える仕事量が多く、自分が思っているような看護ができないなど仕事内容への不満がデメリットとな離職に繋がる場合もあるようです。

こんな事情から医療の現場から離れ保育士を目指す人もいるということですがその理由は結婚して子供を育てたことがメリットとなり子供に携わる仕事がしたいという気持ちが出てくることがあるようです。

この場合には資格を取る必要がありますが、学校などに通わなくてもやる気になれば独学で勉強しても取得は十分可能ですし、通信教育で勉強するという方法などそのやり方はいくつかあるので自分に合った方法を見つけることが重要じゃないかと思います。

保育士を目指すことよりも看護師の資格を有効に使い職を変え保育園で子供と関わりながら働く方法もあります。

それは保育園でナースとして働くという仕事ですが、この場合は持っているスキルを活かしながら希望の職種に就けるというメリットがありおすすめの方法です。


保育園ナースの仕事内容は?資格は必要?

保育園で働くと聞くと保育士を思い浮かべる場合が多いですが近年ではナースの資格を持つ人材を配置するところが増えてきており、少しずつではありますがそのニーズは高まりつつありそれに伴い求人も増加傾向にあるというのが現状です。

私が子供たちを保育園に預けていた時にはナースが先生と一緒に保育に当たっている施設があるということすら知らずにいましたが、現在でも世の中に広く認知されているということはあまりなく知らない人が多いのではないでしょうか。

園内にいる時には白衣を着ているわけではないので、お母さんたちもたぶん普通の先生と同じ感覚で接していて言われて初めてその先生がナースの資格を持つとうことを知るんでしょうね。

ですのでこの仕事に就いている人が日々どんな業務を行っているかというのもわからないので実際にどんな業務をこなすのかを見ていきたいと思います。

仕事内容としては赤ちゃんから就学前の子供の保育をするのが主な仕事となり、一般的なイメージとしては保育時間内に親御さんから預かった子供の世話をしているといった感覚がありますが実際にはそんなに単純なものではなくさまざまな役割を果たす必要があります。

毎日、子供たちと遊んだり身の回りの世話をしながら社会性を身につけたり心身の成長を促すという重要な役割を担っています。

また、食事の仕方やトイレのしつけ、手洗いやうがいなど日々の生活に必要なさまざまな習慣を身につけさせ、就学までに必要な社会性を教えていくことが保育士の最大の仕事内容となります。

こうして見ると単純に子供の面倒を見ているだけというイメージはガラリと変わり子供が成長する一番大切な時期に適切な指導を行っていくとても重要な職種ということがわかりますね。

では保育園に就職した看護師の仕事内容はどんなものかを見てみると、まず第一に子供たちの健康管理。特に乳幼児の検温、視診、触診、服薬服薬介助などが主な内容になります。

この他に病後の子供の保育を行なったり、専門知識を活かし園児や職員、保護者にインフルエンザなどの感染病予防の指導や衛生指導を行うこと、これらの計画をほけん便りなどを発行しスタッフや保護者に伝え病気の早期発見に努める役目も担います。

さらに園児のケガや発熱などの応急処置や病院搬送の判断を行う必要がありますが、保育園看護師は採血や点滴など通常のナースが行う医療行為を行うことはありません。

この他に保育士と共に園児と一緒に遊ぶことやオムツ替えなどの世話などの補助も行うため看護という仕事以外にもかなりたくさんの業務を行うことになります。

子供は小さいほどよく熱を出したりケガをしたりするものですが医療行為はできないまでも看護師の資格を持つ人材が保育園にいてくれるというのは親としては大きいメリットですよね。

ではナースが保育園に就職する場合には取得しなくてはいけない資格が出てくるのかという疑問が浮上しますが、この場合は特別なものは必要はなく子供を相手とする仕事だからといって小児科経験が必要ということもありません。

ですので仕事を変わる場合には看護師免許があれば問題ないということでわざわざ資格を取得しなくてはいけないというデメリットを回避できるわけです。

看護師から保育士に転職するメリット・デメリットは?

ここからは病院勤務から保育園に職を変えた場合のメリットとデメリットをお伝えしていきたいと思います。

まず第一に挙げられるのは夜勤がないということです。

病院やクリニックに勤めている時には夜勤、日勤と生活リズムが普通の人とは違ってしまい色々と大変なことが出てきてしまったり体調管理が難しいということがありますが保育士に転職すると朝から夕方までの勤務は確実というのがメリットです。

保育園によっても違ってきますが残業や休日返上ということも少ないので予定が組みやすいですね。

特に子育て中のお母さんは夜勤があったり休日がシフト制で不規則だったりすると子育てと両立することはとても大変ですが、その点では保育士のように週末は必ず休みで勤務時間もきっちり決まっているというのは嬉しいメリットです。

さらに独身の女性がこの職場についている場合、結婚・出産しても続けていくことができる仕事ということもあります。

また、病院で働いている時には子供と接する機会は多いでしょうけど基本的に病気かケガの子供なので体調を気遣いながら接する必要がありますが、患者とは違って毎日元気な園児たちと触れ合える、成長過程を見ることができるというメリットも挙げられます。

乳児の保育を行うことで育児経験がない人や子育て中の人には育児の勉強や参考になるという点もこの仕事のいいところじゃないでしょうか。

身近に赤ちゃんがいない場合にはなかなかオムツ替えやミルクといった経験をする機会には恵まれませんが園児の世話をすることでこれらの世話を覚えられるのでいざ自分が赤ちゃんを育てるとなった時の予行演習にもなりますね。

私自身、最初の子供を出産した時には身近に赤ちゃんがいなかったことで、生まれて初めての赤ちゃんだったのでオムツを替えるのにもミルクをあげるのにもやり方がわからなくて困った経験がありますから仕事でこのような経験ができるというのは貴重だなと思います。

この他にもすでに子育てを終えている人ですとその経験を保育に活かすこともできるという点なども。

自分がしてきた経験を保育士として仕事に活かせるというのは大きいメリットですよね。

さらに挙げていくと子供たちの体調管理で検温やバイタルチェックを行なったり病気やケガの応急処置を行う必要はありますがその他の医療行為は行わないということで精神的なストレスが軽減されます。

看護師として病院に勤務していると患者さんの命を預かっているので常に緊張感を持って業務に当たることで精神的なプレッシャーは相当なものですがそれがなくなるというのも保育園に就職したからこそのメリットですね。

では次にデメリットを見ていきましょう。

夜勤や残業がないというのは嬉しいメリットですが、そうなると当然収入は少なくなってしまうというのがデメリットのひとつです。

ナースは過酷な職業だというのは世間一般に認識されていますがその分お給料も他の職業に比べて多いというイメージですので休日や自分の時間をきっちり取るか収入を取るかというのが難しいところですよね。

次に保育園で仕事をしていると可愛い子供たちと毎日触れ合えるメリットもありますが、一方で保護者への対応が大変というのがデメリットが出てきてしまいます。

これは看護師だけではなくそこで働く保育士も同じ悩みを抱えていると思いますが、それぞれの家庭で育児に対する価値観の違い、方針の違いなどからクレームをつけられることがあったり、保育中にケガをしてしまったりするとかなり強く文句を言う保護者も少なくないようです。

こういう親のことをモンスターペアレントと呼びますが、これに遭遇してしまうと対応も難しく、精神的にもかなり追い込まれてしまいこれが辞めたい理由で最も多いものにも挙げられるほど。

どの職種でも辞めたい理由のNo. 1は人間関係の問題になりますがやはり保育園でも同じデメリットが生じてしまうのですね。

次に看護師からこの仕事に変わりたいと思ってもそもそも求人が少ないため情報が見つからないということがあります。

それぞれの保育園では基本的にナースは一人しか配置していないため求人数も限られています。

ですのでこの職に就きたいと考えても就職先を見つけることが難しいというデメリットがあります。

さらに、一つの保育園に一人しかナースがいないことで同僚などに理解者がいないことも責任がのしかかり辛いところです。

その分、保護者や同僚の保育士から頼りにされる存在になれるという点ではやりがいを感じられることがメリットではありますが孤独感などがデメリットとなる場合も出てきてしまいますね。

次に医療行為を行う必要がないということから看護技術を磨くことはできない、忘れてしまうということが挙げられます。

このため、また医療の現場に戻りたいと思った時にはこのことがデメリットになり就職先が見つからない、もしくは医療行為の少ないところへの就職になってしまう可能性も。

この他にも看護師として従事していても保育士としての仕事の割合が多く本来のナースとしての仕事を差し置いて保育業務を優先させなくてはいけないという場面も出てくるということで辞めたいという人も多いようです。

こうして見ていくとこの仕事には向き不向きがあるように思います。

ナースとしてキャリアを磨きたいという人には保育士に近い仕事内容の保育園ナースは不向きなのかなという印象を持ちますね。

ただ、女性としては子育て経験を活かせたり育児に関する知識を得られるという点で魅力的な職業ですので子供が大好きでナースの資格も活かしたいという人には魅力的な仕事じゃないかと思います。

ということで今回は「看護師から保育士に転職するメリット・デメリット」でお伝えしました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です