子育てに疲れてイライラが止まらない時のストレス解消法

こんにちは!NOBUです。

本日のテーマは「子育てに疲れてイライラが止まらない時のストレス解消法」です。

子育て中のママは毎日毎日、朝から晩までバタバタ・・。心も体も休まる時がないですよね。

一生懸命頑張っても子供は思った通りにしてくれない、夫は話も聞いてくれない・・・

どんどんイライラが溜まって今にも爆発寸前!!疲れてる上にイライラが止まらない!!!



そんなママは世の中にたくさんいるはず。

「そんな時にはどうしたいいの?」

と悩んでいるみなさん、一緒に解消法を探してみましょうね!

子育てに疲れたと感じる瞬間は?


自分のお腹の中に新しい命が宿り、10ヶ月の間、我が子が生まれてくることを心待ちにして過ごしたのはみなさん同じだと思います。

「かわいい赤ちゃんが我が家にやってきたらどんなに笑顔溢れる毎日を送れるだろう・・・」

「毎日、愛しい我が子に愛情たっぷり与えるステキなお母さんになりたいな・・・」

「毎日毎日、幸せが止まらないだろうな!」

なんて色々想像しながらワクワクした気持ちでその日を迎えたはず。

街中で出会う赤ちゃん連れのママを見かけると私もあんな風に抱っこしてショッピングを楽しむのかなって楽しみにしていたはず。

ところが出産を終えていざ我が子との生活に突入するとどうでしょう・・・。

あの夢のような我が子との愛溢れる生活なんてかけらもない!

生まれた我が子はかわいいと愛でる余裕もないほどひたすら泣き続ける。オムツを替えてもミルクをあげても、抱っこしても何をやってもひたすら泣き続ける。

生まれたばかりはミルクとオムツ替えで一日が過ぎていく。

赤ちゃんの世話の隙間を見て家事に追われる日々・・・。

毎日イライラして解消法もわからない!こんなはずじゃなかった・・・

そう思えてしまうのは自分だけ?

よその子供を育てている渦中のママたちはみんな笑顔で我が子と接しているのに自分にはそんな余裕すらないなんて、私は母親失格なの?

毎日バタバタ過ぎていき、フと気がついたら最近笑っていない自分に気づく。

いつもイライラして怒りが止まらない自分に気づく。

赤ちゃんを生む前にはなんとも思わなかった些細なことですぐに怒りスイッチが入る。

怒りの沸点が確実に低くなっている。

こんな風に感じる瞬間があるとしたら心も体も疲れている証拠かもしれません。

赤ちゃんの世話と家事と夫の世話のことばかり考えて、自分のことは何も考えられませんよね。

「育児を楽しむことができない」

「我が子をかわいいと思えない」

「毎日、気持ちが暗く落ち込んでいる」

「赤ちゃんの泣き声を聞くのがイヤ」

「逃げたいと感じる」

「何もやる気が起きない」

こんな感情で頭がいっぱいになってしまう瞬間がありませんか?

そしてそんな自分が許せなくてさらにイライラが止まらない!でも解消法が見つからずに落ち込んでいませんか?

それは子供を育てることに疲れたと感じている瞬間かもしれません。

でも、そんな風に疲れているのはあなただけじゃないですよ。

ママは睡眠時間も満足にとれない状態で育児をしています。休憩時間や休日も全くなくつねに赤ちゃんと向き合って生活しています。そんなの疲れて当たり前ですよね。

でもそれを褒められることはないですよね。逆にほんのちょっと手抜きをしたらそれを母親失格だと責められてしまうこともあるでしょう。

だから自分が子供を育てることや日々の家事に疲れたとストレスを感じる瞬間があったとしてもそれを誰にも言えずにいるんじゃないですか?

ほかのママたちがみんな完璧にお母さん業をこなしていると劣等感を持っているんじゃないですか?

そしてさらにイライラが止まらなくなって、泣き続ける赤ちゃんを泣かせままにしていたり、物に当たったり、夫に当たったりしてしまうんじゃないでしょうか。

そんな風になってしまうのはお母さんが頑張っている証拠です。頑張っても頑張っても報われない、でも家事も育児も完璧にできるのが良い母親だとさらに頑張る。

完璧にできない自分にイライラが止まらなくなって解消法を見つけることができなくてとうとう爆発してしまうんです。

イライラの原因は赤ちゃんだけじゃなく、夫の言葉や行動にあることも。

夫が発した無神経な一言がカチン!とくる場合も多々ありますが、例えばママは朝から晩まで四六時中育児と家事に追われているのにパパは仕事に行けば自分の時間がとれるよね・・・とか、お昼ご飯もろくに食べられずに一日が過ぎていくのにパパはゆっくりコーヒータイムができるよね・・・とか、パパは全く悪くなくても心に余裕がないママにはムカつく原因に。

ギャン泣きする赤ちゃんにキーキーしていると、横で「そんなに怒らなくてもいいのにね〜」なんて他人事のようにつぶやかれてブチ切れとか。

ほんの些細なことすらムカつくと感じた時は疲れたというSOSかもしれません。頑張り屋さんのお母さんが心も体も壊してしまう前にストレス解消法を探っていきましょう。


子育てでイライラが止まらない時のストレス解消法は?

我が子を育てていく上で楽しいこともたくさんありますが大変なことはそれ以上に押し寄せてきますよね。

これは妊娠中には予想もしなかったことですが、実際には一日一日が闘いの日々。実際、私も育児をしてきたので止まらないイライラの解消法が見つからないと悩んだり、年中無休で動き続ける疲れなどひと通り経験したひとりです。

毎日毎日、エンドレスで押し寄せる「やるべきこと」をなんとかこなす状態は赤ちゃんをかわいいと思う感情すら薄れさせてしまいますね。

とにかく「寝てほしい」。寝ている間にご飯の支度や洗濯や掃除。とにかく自分の時間なんて皆無の世界で休みなく続く生活はそれこそストレス疲れだらけです。

子育て疲れでイライラが止まらなくなる前に上手に息抜きしちゃいましょう。

ここからはいつも頑張っているお母さんたちが疲れの解消法を見つけることができずに心の病に陥ってしまう前に実践してほしいおすすめのストレス解消法をお伝えしていきましょう。

自分の時間を作る

パパは毎日会社という逃げ場がありますがママには逃げ場はありません。

私が育児していた時によく夫から言われたことは

「おまえは一日中何もしないで家でゴロゴロして楽チンでいいよな」

でした。

でもママに休日や休憩時間は全くありませんよね。夜中に何度も起きてしまう子供の面倒を見るからまともに朝まで寝られることもほぼありませんね。

そんな生活が続くとストレスも疲れもが溜まる一方です。

そこで自分だけの時間を作ってみてはいかがでしょう。

たまには子供をおじいちゃんおばあちゃんに預けて一人でショッピングに出かけたり、とにかく育児や家事から離れる時間を持ってみましょう。するとそれまでイライラしていた気分も少しは解消されて夫や子供に優しく接することができるようになるはずですよ。

私は幸い近くに自分の母親が住んでいたので実家に逃げて育児から解放される時間を作っていましたよ!

夫に預けて休日を作る

普段、一人で育児を頑張っているんですからたまにはママ&奥さんをお休みする日を作っていいんじゃないでしょうか。

そんなときには夫に子供を預けてみるのも一つの方法ですよ。

この方法にはママに休日ができるだけじゃなく、他にもメリットがありますよ!

それは夫にママ&主婦の仕事がどれだけ大変かということを少しだけわかってもらえる可能性があるということ。

日々、奥さんがどんな生活をしているのかということは日中仕事に行っている夫にはわかりません。

しかも奥さんはいちいち夫に大変さをアピールすることもないですよね。

なので夫は妻が日ごろどんなに大変な仕事をしているかということを知るはずがなく、三食昼寝付きっぽい無神経な言葉を発してしまうんです。

ですがここでいつも妻がやっている仕事を経験することで大変さがわかるいい機会になるというメリットがありますよね。

この際、毎月〇日はママの休日と決めて上手に夫をイクメンにしてしまうという手も!

夫は仕事が忙しいからそんなこと頼めない!という人は保育園や託児所の一時預かりを利用するという手もおすすめです。これはある程度月齢が大きくなったベビーの場合になってしまいますが、一時預かりをしてくれる保育園や託児所は探してみると意外と見つかることが多いですよ。

家事を完璧にしない

疲れがマックスになっている時には家の中が散らかっていても目をつぶっておきましょう。

毎日、山積みになる仕事を完璧にこなそうとするとストレスがたまっている上にさらに重荷が増えてしまう一方です。

イライラが止まらないほど精神的に追い込まれてしまうよりも、上手に手抜きすることも大事です。

家事や育児にも、今やらなくてはいけないことと、すぐにならなくても大丈夫なことがありますね。

なのでやることに優先順位をつけておくと気持ちが整理できていいと思いますよ。

また、家の中にばかりいるとどうしても目についてしまう場合やストレス解消法が見つからないという人は、短い時間でも仕事に出るという方法もあります。

ママ&奥さんじゃない時間を持てるというのは家の中やママ友といった狭い世界から解放されてリフレッシュできることは間違いないです。

私の職場の働くママも仕事に来ている時だけは自分の時間が持てるからストレス解消法になると話していました。

子供を連れて遊びに行く

パパの仕事が休みの日に、赤ちゃんを連れて家族でお出かけすると一日中家にばかりいるママにとっても、赤ちゃんにとっても新鮮で楽しい時間が過ごせるはずです。

赤ちゃん連れの遠出は逆にストレスになる場合があるので近くの公園でピクニック気分を味わったりするだけでも解消法としてはおすすめですよ。

友達とおしゃべりする

誰にも相談せずに一人でモンモンとしていると心のバランスを崩して病に陥る危険性がありますよ。

そんな時にはママ友といっぱいおしゃべりすると心が晴れるはずです。

同じ悩みを抱えている人はたくさんいるはずです。お互いに育児に関する悩みをぶちまけることでスッキリするんじゃないですか?

育児に限らず、話してしまったらそれまでのイライラが嘘のようにスッキリしちゃったなんてことがよくありますよね。

実は解決策を求めているわけじゃなく話を聞いてもらいたいだけという場合がかなりあるような気がしますね。

ママ友も子供の世話や家事で忙しくておしゃべりする時間がとれない時には母親にぶちまけてしまいましょう。

母親は育児の大先輩。厳しいことを言われる場合もあるかもしれませんが誰よりも信頼できる良き理解者であることは間違いないので遠慮せずにSOSだしてみて!

私も子供が寝た後で夜な夜な半泣きで長電話していましたが、これが私の一番のストレス解消法でしたから!

プチご褒美をする

子育てはいくら頑張っても母親なら当たり前。誰からも褒められるということはありません。

頑張っても頑張っても報われないことを延々と続けることは達成感がなくかなり虚しいことですよね。

頑張ってるのに私の夫のように何もしないでゴロゴロ・・・なんて言われるとそれこそやる気もなくなってしまいます。

育児中のイライラの原因がかなりの割合で夫の場合があるのは事実です。

最近は「イクメン」という言葉が流行っているように、育児に積極的に協力してくれる男性がたくさんいますが、やはり夫の理解と協力は欠かせないものだと思います。

なので、たまには夫にご褒美をおねだりしてみてはいかがでしょうか?

いつもカリカリ・・・イライラ・・・眉間に縦ジワ寄せて髪振り乱して家事や育児をしているママがたまにちょっと甘えてみたらパパは嬉しくってご褒美くれるかもしれませんよ♪

それは無理ー!という人は、自分で自分にご褒美しちゃいましょう。

ものすごい高い物じゃなくていいんです。自分が大好きなスイーツを買って家事や育児の隙間時間に一人でこっそりいただいちゃうとか・・・。

ほんの些細なご褒美でいいので解消法としてたまには自分を労ってもいいんじゃないでしょうか。

せっかくかわいい我が子に恵まれたのに育てるのに疲れてイライラが止まらない状況が続くのはとても悲しいことですよね。

だって、イライラしている時には我が子のかわいさに目が行かないんですから。

なので育児疲れを感じたらまずは自分に合ったストレス解消法で自分を癒すことが大切じゃないでしょうか。

子育ての先輩から学ぶこと


私が育児中に思ったことは子供を育てるって正解がないということ。育児書に色々と書いてあっても実際に我が子には当てはまらないことや、書いてある通りにしてもうまくいかないことの方が多かったです。

私の友人にベビーが生まれた時に、友人は育児書の虜になりました。

そして生まれたベビーが育児書に書いてある通りのミルクの量を飲まないとか、その月齢に寝返りをしないとか、離乳食を食べないとか、全て自分の子が育児書通りに育たないことにいつもイライラしていました。

周りにいる同じくらいの子と比べて自分の子はあれができないこれができないと、できないこと探しをしていました。

一時期はノイローゼ気味になり、ヒステリックに怒鳴ってばかり。上の子が1歳の誕生日を迎える前に二人目が生まれたことでさらにヒステリックはエスカレートして明らかに育てることが苦痛になっているようでした。

その友人はいつも、うちの子がかわいくない、かわいいと思えないと話していましたが、そんなのってすごく悲しいですよね。

育児書は平均的なことが書いてあるだけで、子供はそれぞれ育ち方が違って当たり前。もしも学ぶならお母さん業の大先輩である母親に相談する方がいいですよね。実際にみなさんがここに存在しているのは母親が育ててきた証拠なんですから。

実際に育ててきた経験のある先輩にアドバイスしてもらう方が育児書で学ぶよりもずっと勉強になりました。

そして、私が我が子を育てていた時に不思議だったのは、「普通」って何?ということです。

私の息子は不思議ちゃんで保育園の先生が長年保母をやってきてこんな子は初めてだと言われるくらい。

ほかの子と少し違う感性で色々なものを見たり感じたりするので「普通の子と違う」と言われてきました。

でも普通って何が普通なのか、私にとっても息子にとっても、それが普通なのによその人から見たら違うってすごく不思議でした。

私は息子のそういう部分を個性として捉えていて、すごく個性的で楽しい子だと思っていましたが、子供はどんな子もみんなそれぞれ個性があって当たり前ですよね。

成長のスピードもとっても早く成長していく子もいればのんびり屋さんの子もいるでしょう。

大人になってから、オムツが取れたのは何歳か?初めて歩いたのは何ヶ月の時か?母乳で育ったのかミルクなのか?そんなことが影響することは全くないです。

なのでほかの子と比べる必要もなければ完璧に育児も家事もこなす必要もないんです。

赤ちゃんはなぜか夕飯の支度を始めるタイミングで泣き出すことが多いですよね。そんな時、泣きたくなるのはお母さんの方じゃないですか?

主婦が一番忙しい時間帯に我が子がギャン泣き・・・

こんなのが毎日続くと疲れが溜まる一方。

そんな時には夕飯の支度を手抜きしたっていいじゃない!

毎日完璧な食事を作る必要なんてないって思ってしまえば気持ちが楽になりませんか?

みなさんにお伝えしたいのは、育児で疲れてストレスばかり、怒りが爆発しそうで止まらない、それを解消する術もわからないという生活にどっぷりハマっている時はこの世の全てがこんな生活かと、終わりがないんじゃないかと思えてしまうかもしれませんが、ストレスだらけに思えるこの生活は永遠に続くわけではないんです。

今は心も体もすごくしんどいかもしれないけれど、この時期はほんの一瞬で過ぎてしまいます。

ふと気がついたら子供の方がどんどん先に進んでいってしまっていますよ。

何をやっても、何を与えてもギャン泣きが止まらない、意味不明な寝グズや夜泣きが止まらない、そんな我が子の成長過程のほんの一瞬を通り過ぎたらあっけないほどそれまでのストレスは解消されているもんですよ。

今、渦中にいる人からしたらこんなこと育児が終わった人だから言えるんだって言われるかもしれませんが、終わったからこそ言えることなんです。

子育てが終わった人はみんな多かれ少なかれみなさんと同じように怒りが止まらない!ストレスを解消したくてもどうしていいかわからない!という時期を通ってきているからこそ、それは永遠には続かないと言えるんです。

少しくらい手抜きしたって、弱音を吐いたって、母親失格なんかじゃありません。四六時中頑張っているママだからこそ少しガス抜きが必要なんです。

色々なことを心に抱えて解消できずにパンパンになって、ある時パーンと爆発するよりも、どこかでプシューっとガス抜きしてみてください。

我が子の長い人生で、生まれてからほんの2〜3年しかママべったりでいてくれる時はないんですよ?

その後は幼稚園、小学校、中学校、高校・・・とどんどん独り立ちして、ママだけを必要としてくれるのはこのほんの2〜3年。

母親にとってこんなに貴重で大切な時間を楽しめないのはとても悲しいことです。ストレスを解消することもできずにイライラしながら過ぎてしまうにはあまりにももったいないと思いませんか?。

一番手がかかる時期ですが、一番かわいい時でもあるんです。二度と戻ってこない貴重な時を楽しんでもらいたいというのが私の考えです。

私もそんなにたいしたことをしたわけではありませんが、二人の子供を育てることができました。子供って、小さいながらもちゃんと見てくれているもんですよ。そして、ママが完璧なんかじゃなくても、赤ちゃんの頃に多少手抜きしたって、母親の手を離れて勝手に成長していってくれるもんですよ(笑)

私のようにできないことだらけの母親の元に生まれた子供たちは、反面教師とでもいいましょうか、自立心旺盛な子に育ってくれました(笑)

小さい子を持つお母さんたちはみんな同じように悩んでいるので自分だけが子供を愛せないんじゃないかと劣等感を感じる必要はありませんよ!

ということで今回は「子育てにイライラが止まらない時のストレス解消法」でお届けしました!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です