副業で夜の仕事をする際、会社にばれないようにするためには?確定申告は?

こんにちは!NOBです!

本日のテーマは「副業で夜の仕事をする際、会社にばれないようにするためには?確定申告は?」です。

若い世代の会社員の中には本業とは別に副業しているという人がかなりたくさんいると思いますが、女性でよく聞くのは夜の仕事のアルバイトです。


本業のお給料だけでは自分の欲しいものが満足に買えない、貯金もできない・・・という昨今、アルバイトで稼ぐのもアリだなと思いますが会社にばれないようにしないとやっかいなことになってしまいますね。
そしてバイトをした場合は確定申告はどうなるの?という点もナゾですよね。会社でやってもらえるのか・・・?

女性が副業に夜の仕事を選ぶ理由

20代30代のOLの平均年収が200万〜300万と言われていますが毎月の給料に満足している人は少ないんじゃないでしょうか。

特に若い女性なら洋服やバッグ、くつなどあれこれ欲しいものがいっぱいあるでしょうし、美容院やエステ、化粧品など女子力が高ければ高いほど自分にかけるお金は膨れ上がってしまいます。

これじゃあ本業でもらう給料では足りなくなるのも納得ですね。

副業をする目的はそれだけじゃなく、中には何か目標があってそれに向けて貯金をしたいと考える人もいるでしょう。

そこで多くの女性がアルバイトに選ぶのは夜の仕事。

OLなら会社が終わった後でバイトに行く人も多いということですが、職種を選ぶ時にキャバクラなどをチョイスする理由はどんな点か見て行くと・・・

・自分のペースで働けるためスキマ時間を有効に使うことができる

・充実した一日を送れる

・収入を増やすことができる

・人脈が広がるため出会いやキャリアアップの可能性が高くなる

・さまざまなお客さんと接するため会話術がつく

・女子力高い人はさらに女子力が上がる可能性がある

などの点からOLは副業に夜のバイトを選ぶんじゃないでしょうか。

これは女性の特権とも言えるかもしれませんが、例えば退社後にファミレスやコンビニなどでバイトすることを考えると断然水商売の方が効率よく稼げますからね!

しかも、ファミレスやコンビニなどは時間の拘束もキツいしキャバクラなどと比べると自分のペースで働くということは難しいですよね。

会社が終わってから何もせずにただテレビを見ながらダラダラ過ごすのなら、自分の都合のいい時間に数時間アルバイトするだけでかなり充実した一日を送れるというのもいい点でしょう。

ヒマな時間がたくさんあると色々なことができると思いがちですが、私が一時期長期で仕事を休んだ時には全く時間を有効に活用することはできませんでした。

しっかり仕事をしていると時間の使い方を工夫するせいかダラダラ過ごしている時よりも色々なことができてしまうものですよね。

夜の仕事は数時間働くだけで他のアルバイトとは比べものにならない給料がもらえるので効率よくおこずかいを稼いでメリハリのある生活ができるのも魅力的です。ただ確定申告などの煩わしさはありますけどね。

そしてキャバクラなどを副業にするとさまざまなお客さんと接するため会話術や接客マナーなとが身につくというメリットも。

お金を稼ぎながらこれらを学べるというのはとてもいい機会になると思います。

そして夜の仕事ではたくさんの人に知り合うことができるというのも他の副業では得られないメリットです。

普通のOL生活では出会う可能性がないような職業の人との繋がりができて人脈が広がるというのは将来の財産にもなることだと思います。

もしかしたらそこで運命の出会いがあるかもしれませんし♡

また、自分を磨くことが好きな人は夜のバイトをすることでさらに女子力を高めることができるという点も魅力的。

汗水垂らして女を忘れて肉体労働するなんて絶対にイヤ!という人は、お気に入りのドレスを身に着けてネイルやメイクもバッチリしてお金を稼げる夜の仕事がピッタリなんじゃないでしょうか。

しかも男性から見られる意識でさらに美意識が高まって自分の魅力がアップする可能性も!

これらを見ても特に20代30代の若い女性が副業に夜の仕事を選ぶというのは理にかなっていると言えるでしょう。

これらは特殊なジャンル以外では年齢的に限られているため言ってみれば若い女性の特権でしょうね。

会社に就職してから結婚するまでの間に本業の他にアルバイトで稼ぎ、しっかり貯蓄するという手もおすすめですよ。

女性は結婚してしまうと夜のバイトをしようと思っても旦那さんに反対されてできなかったりする場合がほとんどです。

なので独身で自由に何でもできる時にがっつり稼いでしっかり貯めておくという方法は期間限定のおいしいやり方です。

ただ、いくらファミレスやコンビニなどのバイトに比べると割がいいとは言ってもデメリットもあることを忘れてはいけませんね。

例えば、時給がいいバイトではあるけれど職業柄ファッションに気をつけないといけないということで最初に身に着けるものを揃えるのにお金がかかるということ。

そして副業として働くわけですから当然本業の会社を退社後に向かいます。

それから数時間仕事をするので家に帰るのは夜中になり翌日は睡眠不足は確実です。

これは夜のバイトに限ったことではなくダブルワークをする人全てに当てはまるわけですが、睡眠不足で体調を崩すという可能性も考えられますし体力的にかなりキツいはず。

ですのでこの点はバイトを始める前にしっかりと認識しておく必要があると思います。

これ以外に水商売特有のデメリットはお客さんにベタベタボディタッチされたりエッチな話に付き合わないといけないということ。

お酒が入った男性を相手にする職業ですのである程度我慢しないといけないところではありますが、慣れてうまくかわせるようになるまでは精神的にキツいですよね。

また、お礼のメールや誕生日のお祝いメールなど、こまめに営業をする必要がありプライベートな連絡先を教える場合があることも。

さらに確定申告することで会社にばれる危険性が出てくるなんていう情報も・・・。

夜の仕事を副業でしたい場合にはこれらのデメリットも頭に入れておいた方がいいでしょう。


夜の仕事が会社にばれないようにするためには?

正社員として勤めている場合には会社の規定でアルバイトが禁止されていることが多いと聞きます。

私が勤めている勤務先でも基本的には禁止されているんですが、それでも他の会社と比べたらそのルールはかなりゆるいもので同僚の中には入社してから15年間もアルバイトをしていてばれたとしても特にお咎めもなく、見て見ぬ振りをしてくれているという感じ?もしくはその同僚が確定申告していないからばれなかったのかわかりませんが、ビクビクするほど厳しくはありません。ですが中には副業を厳しく禁止している企業もありますよね。

まあ、うちの会社については業績悪化でボーナスも半額以下、毎月の給料も激減しているということでバイトすることを黙認しているのかもしれませんが、厳しい勤務先ならばれてしまってトラブルになる可能性も・・・できればそれは避けたいですよね。

副業として働く場合に例えばファミレスなどなら人目に触れない洗い場といったところの仕事なら職場の人が食事をしに来て鉢合わせするなんていうことは避けることができますが、キャバクラの場合には鉢合わせする危険性もありますよね。

ばれないように自分の会社がある場所から遠く離れたところのお店で働くという方法もありますが、それでもばれないかというのは絶対とは言えませんよね。

またマイナンバーが導入されたことでそれまでは勤務先にはわからなかった夜の仕事の収入がばれてしまうという心配がありますが、これについてはマイナンバーが直接副業ばれにつながることはないと言っていいでしょう。

確定申告をするレベルくらい稼いだ場合には可能性があるということになってくるかもしれませんが会社で従業員のマイナンバーを把握しているからといってそこから個人の収入を調べたりすることはありません。

ただ、やり方によってはばれる可能性があるということは頭においておく必要があると思います。

副業の確定申告のやり方は?

夜の仕事をしている場合、まずは20万を超えるなら確定申告が必要になります。

会社員として働いているとこういうめんどくさいことは会社が全てやってくれるのでピンとこないと思いますが、副業で得た収入は自分で確定申告しないといけません。

例えばキャバクラなどの場合には社員という形ではなく個人営業主という扱いになることが多いと聞きます。

そうするとそこで得た収入の管理は全て自分ですることになりますので、ドレスやバッグなどの服飾品やバイトで必要な化粧品などを経費として確定申告をしましょう。

昼間のお給料は勤務先でやってくれるのであくまでも副業の分だけです。

ファミレスやコンビニなどでそれほど稼いでいないなら必要ないですがキャバクラなどでは確実にオーバーしますので確定申告を行います。

とても難しいかと思ってしまいますが実際には税務署の職員がとても親切に教えてくれるのでわからないことは何でも聞いてみると意外と簡単にできてしまうと聞きましたよ!

会社に夜の仕事がばれないためにはここでやり方を間違えないようにすることです。

確定申告された収入をもとに税金が決まるわけですが、特別徴収の場合には副業で稼いだ分も会社でもらっている給料に加算されて住民税が勤務先に通知されるので他の社員と比べて税金が多いということから「ん?おかしいぞ?ここ以外にもどこかから収入があるんじゃないか?」と怪しまれてしまうという可能性が出て来てしまいます。

ですのでばれないようにするためにはこれを普通徴収にすることで回避できるんです。

特別徴収というのは確定した住民税が給料から天引きされる制度ですが、これを普通徴収にすると住民税は給料から引かれずに納付書が自宅に送られてきて自分で払うことになります。

中にはばれないようにするためには確定申告しなければいいなんていう人もいますが、申告は必ずする必要があるのでお忘れなく。

専業でキャバクラやホステスをしている人はこういうこともちゃんと知っているかもしれませんが私のように普通の会社員として働いている人にとってアルバイトしたぐらいで確定申告する必要があるなんて全く頭にないことが多いです。

しかもバイトしていたらバイト先が税金なんかのことはやってくれていると思ってしまっているので意外と簡単に考えてしまっている場合が多いですが、これは必ず行う必要があるので要注意ですね。

一番確実に副業がばれないための確定申告の方法は税理士さんに相談することですね。

ちなみに、マイナンバー制度が導入されたら自分のホステスのバイトしていたことまでばれてしまうと思って心配している人もいるかもしれませんが、それらの情報は残らないので安心してくださいね!

ですが確定申告だけはしっかり行ってくださいね!会社に勤めていると縁がないことをバイトしたおかげで経験することができた!くらいに思って勉強のつもりでトライしてみてください!

ということで今回は「副業で夜の仕事をする際、会社にばれないようにするためには?確定申告は?」でお届けしました!皆さんの参考になれば幸いです!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です