内勤営業に転職する際の志望動機は?外勤との違い

こんにちは。NOBです。

本日のテーマは「内勤営業に転職する際の志望動機は?外勤との違い」です。

営業の仕事というと外回りをして契約を取ってくるというものを思い浮かべますが、実際には外には出ないものもあるということはご存知でしたか?


今回はこの仕事に就職したい方のためにさまざまな情報を見ていきたいと思います。

内勤営業に転職する際の志望動機はどうするべき?

就職する際にまず最初の関門が書類選考に通るということがありますね。この段階では紙面のみの書き方ので合否が決まってしまうため、ここでいかに面接官の目に止まり会って話を聞いてみようと思ってもらえるかが重要なポイントになってきます。

書類選考で面接官が一番重要視するのがその会社に応募した志望動機だと言われています。この書き方のを失敗すると面接にこぎつけることもできずに不採用となってしまいますので簡単にざっと書けばいいだろう・・・くらいの気持ちで書くのは避けたいですね。

履歴書の志望動機欄にはある程度のボリュームでなぜこの仕事をやりたくて今に至ったのか、応募企業のどの点に惹かれて応募することを選んだのか自分の興味がある分野を盛り込みながら具体的に伝える、入社後はいかに社に貢献しようと思っているか、前職で培ってきた知識や経験を今度の職場でどう活かしていくかをより具体的に書いておくということがマナーのひとつです。

前職とは全く違うジャンルに就職する時の志望動機には、経験がない職種なのになぜ応募したのかということも書き添えることが大切です。

この職種の場合は実績が評価対象になることが多いので、同じ職種から変わる場合には経歴を書く時に前職での実績を盛り込んでおくと効果的です。ただし、あまりにも自己アピールし過ぎて「オレ様」ちっくで偉そうな表現にならないようにするのがマナーでしょう。

さらに、志望動機を書く際に注意したい事柄をいくつか挙げていきたいと思います。

まずひとつに全く経験のない職種からこの職種を希望する場合、成果につながる仕事ができるのか不安といったネガティブな表現は避けたいところ。

経験のない職種からなのであまりにも自信満々でアピールするのもどうかと思いますが、かといって自信がなさ過ぎるのも面接官にとって採用後に企業にとって有益な人材なのかという点が不安視されてしまうため不利になることが考えられます。謙虚な表現をしたつもりなのかもしれませんが、できれば未経験でもしっかりしたマナーを身に付け自分の持つ知識を活かしながら企業に貢献できるように全力で努力し活躍したいなどの意欲を伝えておきたいですね。

また、漠然とした志望動機を伝えても面接官の心には響きません。一例を挙げると「企業理念に共感した」や「事業内容に興味を持った」「将来性に惹かれて」「社風に惹かれて」などはいかにもいい印象を与えているように思いますが実際にはあまり心に響きません。

これらの言葉はどの企業にでも通用する内容になり、なぜここの会社を希望しているのかということが伝わらないんです。

ですので志望動機を書く時には、面接官が「この人はこのために我が社に入りたいと思っているんだ!」と納得できるような具体的な内容にすることが重要なマナーとなるでしょう。

貴社に入社してさまざまなことを学びたい、成長させてもらえるといった内容の志望動機も一見感じ良さそうに思いますが企業側からすると勉強するために会社に入社されても職場は仕事をする場所なのであまり前向きに取り組まないんじゃないかという印象を与えてしまいます。

志望動機として比較的多いのがお給料や待遇面を強調する人がいますが、お給料がいいという理由だけで入社を希望する人を面接官が書類選考で心惹かれるとは思いませんしマナーとしてもどうかと思いますよね。

お給料のほかに休日や残業のことなどを書いてしまう人もいるかもしれませんが、この場合にはどうしてもやりたいんだ!という意欲が全く感じられないためNGです。

企業側からしたらお金の面だけで決めていると感じたり、楽をしてお給料をもらおうとしていると捕らえられてしまいかねませんね。

いずれにしても、履歴書に書く志望動機は書類選考の際に合否につながるウエイトがかなり大きいのでより具体的に面接官に応募した理由が伝わるように、あなたの意欲が伝わるように書くことが重要です。

最近では履歴書をパソコンで作成してしまう人もいると思いますが、面接官が見た時に手書きとパソコンでは印象がかなり違ってきてしまいます。

字が下手だという理由でパソコンで書く人もいるかと思いますが、下手でも丁寧な字で志望動機を書いてある方が面接官の心に響くので履歴書は必ず手書きで作成しましょう。

また、文章を書くのが苦手で限られたスペースに自分の思いや自己PRを上手に盛り込みながらどう表現したらいいのかわからないと悩んでしまう人も少なくないと思います。

こういう場合には志望動機の例文を参考に、自分の言葉を使って書いていくのがおすすめです。

ここで大切なのは、例文はあくまでも参考に留めておくこと。例文に沿って自分の言葉で書くことで、書類選考に通過していざ面接!となった時に自分の書いた文章についての質問にもしっかり答えることができますから。

さらに字の大きさもあまりにも小さ過ぎるとか、大き過ぎるのも困りもの。

スペースからはみ出すというのも避けたいので、スペースを考えながら見やすい文章を心がけて書くといいでしょう。


内勤営業という仕事とは?外勤との違いは?

営業には二種類の職種があることはご存知でしたか?

通常、イメージするのは外回りをして飛び込みやアポイントを取って一般家庭や企業を回って契約を取ってくる仕事じゃないでしょうか。

やり方は企業によってさまざまですが、このように顧客先に出向いたり企業を訪問するのが外勤の仕事ということになります。

これは通常、よくあるものですのでみなさんもご存知でしょう。

では、これはどのようなものになるのか、外勤との違いということに触れていきます。

まず一つ目は基本的に外回りをするのとは違って一日中会社の中で仕事をするということ。

会社にかかってきた問い合わせの電話に対応したり、訪れたお客様に自社のサービスや商品をお勧めして顧客が求めるものを提案したりするのが内勤です。

それぞれの顧客の違いは、お客様自身がインターネットや新聞広告、CMなどを見て自ら訪れてくるということですね。

外勤の場合はあちらからアプローチしてくることはほぼないに近い状態ですのでこちらから積極的に行動を起こす必要があります。

一方、社内で営業の仕事はさまざまな情報から自社の製品やサービスに興味を持って訪れたお客様により細かい情報をお伝えして契約に結びつけるというものになります。

ですので外勤と比べるとスタートラインはかなり違ってきますよね。

具体的な職種を挙げると携帯電話のショップ販売、旅行会社のカウンター業務、保険代理店の窓口、車のディーラー、住宅展示場の案内業務、さらには家電量販店なども内勤になるでしょう。

スタートラインは外勤と比べるとお客様が興味を持って訪れるため話の展開は早く進んでいくという点がそれぞれの違いですが、提案をする段階にこぎつけた後はいかに顧客の要望にマッチしたサービスを提案できるかということがポイントとなってくるのでここからは外勤との違いは少ないのではないでしょうか。

ただ、外勤は基本的に外回りで足を使って行うことになりますので、歩くのが苦手な人や体力に自信がない人はお客様に商品やサービスを提案するよりも体力の方が不安な点になってきます。

内勤営業に必要なマナーとスキルは?

内勤をする際にどんなマナーやスキルが必要になるのかという点ですが、この仕事に就きたい場合には特別な資格などは必要ではありません。

その点では例えそれまでに経験がなかったとしてもやる気と情熱があれば挑戦しやすい職種ではありますね。

ただ、接客する機会が多いという点ではコミュニケーションスキルが必要になってくると思います。

また、内勤に限らず外勤も同様ですが接客する仕事ですのでマナーについてはかなりの気遣いが必要になります。

この職種は第一印象が重要で、初対面でいい印象を与えておくと後々仕事を進めていく上でも有利になりますのでまずは身だしなみへの気遣いが必要となります。

例えばみなさんが住宅展示場に出かけた時に、接客した担当の人の身だしなみのマナーがなっていなかったら、その担当者だけじゃなく住宅会社にもあまりいい印象を持ちませんよね。

内勤営業の人の違いで家を買うことを迷っている人やライバル会社と比べている段階の人から契約を取れるか否かが決まってくるように思います。

家電量販店に出向いた時に接客を担当した人のマナーがとてもできていたとしたら、デジカメを買いに行ったつもりなのにパソコンまで買ってしまった・・・ということも実際に起こりますよね。

この時のお客様の心境は「この人から買いたい」と思ってもらっているということになるんです。

実際に私が経験したことなんですが住宅展示場にフラッと立ち寄った時にたまたま担当してくれた人は言葉遣いのマナーの良さにまず驚かされ、知識が豊富であらゆる質問にわかりやすく答えてくれたということや、家を建てる予定もなくフラッと立ち寄っただけの私に色々な要望をヒアリングしてあらゆる提案をしてくれました。

それも、押し付けるわけでもめちゃめちゃお勧めし過ぎるわけでもなく、こちらが嫌な感じを一切持たないような提案の仕方だったんです。

結局、何の予定もなかったはずなのに結局契約して家を建てることに決めたわけですが、何が一番の決め手になったのかというとやはり接客が絶妙だったという点なんです。

このことからもわかるように、内勤営業でも外回りでも一番大切なことはマナーがしっかり身についているということでしょう。

また、名刺交換や電話の応対などの基本的なマナーを学んでおくことも重要です。これは営業職だけじゃなく社会人として身につけておくべきことですのでこの際学んでおいて損はないはずです。

私がこれまでに接した人の中にも「この人はマナーができていないな・・・」と感じる場面が多々ありました。

例えば、提案された内容が自分の要望とはあっていないためほかの提案をお願いしたり、商品を断ったりした時に急に顔つきや態度が変わり、舌打ちしたりこちらの問いに返事をしない、めんどくさそうに対応しているのがバレバレ、電話での接客ではこちらの話を遮って商品を勧める、電話を切るタイミングが悪い・・・。

ほんの一例ですが、こうして印象が悪くなってしまうとその人と契約しようという気持ちはすっかりなくなってしまいますよね。

ですので、営業には特別な資格などは必要とはしなくても人間の資質としてコミュニケーションのスキルは求められるのではないかと思います。

この仕事をしていく上では内勤営業でも外勤でも、マナーを身につけるという点は大きな違いはなくどちらの仕事をする場合にも必須条件じゃないかと思います。

これから営業の仕事しようと考えている方はこれらを参考にチャレンジしてみてくださいね!

今回は「内勤営業に転職する際の志望動機は?外勤との違い」でお伝えしました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です