共働きは旦那にストレスを抱えてイライラする!?

こんにちは!NOBです!

本日のテーマは「共働きは旦那にストレスを抱えてイライラする!?」です。

昔は旦那は外で働いて稼いでくる、奥さんは家を守って家事育児をする、という家庭が多かったような感じがしますよね。


ですが近年は夫婦共が働きに出ている家庭が半数以上という時代。これは女性が社会で男性と同じレベルで活躍できる世の中になったということもあるでしょうけれども実際に私の周りを見ても夫婦で働く人ばかりです。

そんな家庭の奥さんが日々夫にストレスを溜め込んでイライラして嫌いになる原因になっているということです。

共働きだと旦那がストレスの原因で離婚の確率が上がる!?

女性にとって結婚してからも仕事を続けるというのは想像しているよりもずっと大変なことですが、その事実は旦那はおろか本人すら始めてみないとわからないことかもしれませんね。

特に出産を終えて職場復帰すると子供を産む前よりも数倍大変になってしまいます。

男性は結婚しても子供が産まれても日々の生活がそれほど変わることはないですが、女性は結婚や出産などを経ていくとどんどん負担が増えていくという事態に陥ってしまいます。

働く奥さんは毎日ストレスを抱えて生活しているためイライラして怒りが頂点に達することもしばしば・・・。それがひどくなって夫を嫌いに・・・。

世の男性陣はその原因が自分にあるって考えたことがあるでしょうか。

「仕事から帰ってくると嫁さんがいつもキーキーしてるんだよねー(ー ー;)」

「疲れて帰っても奥さんがイライラして不機嫌で居心地悪いんだよねー」

なんて思っている男性も多いかと思いますが、実は存在がそもそもストレスの原因になって嫌いになっているケースがほとんどなんですよ。

昼間働いている奥さんが毎日どんな生活なのか、想像してみてくださいね。

朝は夫よりも早起きして出勤時間に間に合うようにバタバタと朝食の準備や掃除洗濯。

昼間は他の同僚と同じように仕事をこなし、場合によっては残業をする必要も出てくるでしょう。

そして仕事帰りに夕食の買い物をして帰宅したら食事の支度や片付けなどさまざまな家事を済ませてお風呂に入って就寝。

仕事以外の時間はほぼ家のことや旦那の世話で自分に使える時間はほとんどありません。

一方、夫はというと朝は目が覚めたらコーヒーや食事が出てくるのを座って待つ。食べたらさっさと会社に行って、帰ってきたら夕食が自動的に出てくるとばかりに座って待つ。

家事や育児は全く手伝おうとせずに自分のご飯やお風呂の支度の催促したり・・・。

こんな状態に奥さんがストレスを抱えてイライラしていることに気がついてないのでは?

専業主婦の女性と違うのは経済的に自立している点ですが、このことを忘れると大変なことに!

イライラが原因で夫を嫌いになり離婚につながる可能性は大いにありますよ!

専業主婦世帯よりもその危険性の確率が上がる理由は、やはり妻の側に安定した収入があるということが強いでしょうね。

離婚してもそこから先の生活の不安はありませんからストレスを抱えてイライラして、家事育児を手伝ってくれないどころかさらに用事を言いつける男性とあえて一緒にいる必要はないと思ってしまって嫌いになりさよならパターンは専業主婦の妻の場合よりはダントツで確率が上がるでしょう。

これは夫婦とも仕事を持つ夫婦によくあるケースですが、実際に私の友人も同じ状況で、さらに奥さんがパートでなくフルタイムで働き始めてそこそこの年収を稼ぎ出した頃から徐々に嫌いになる確率が上がっていった気がします。

友人の場合もそうでしたが、結婚する時にはそれはそれはラブラブで「運命の人なの♡」なんて言っていましたが、フルタイムで働いて収入が安定してきたことをきっかけにそれまでは何とか我慢できていたことも許せなくなってしまっていました。

理由を聞いたら結婚する前に言っていたことをまるで守ってくれないということでしたが、男性は結婚する前に「共働きでも家事や育児は二人で協力してやる!」と約束しても実際に結婚生活を始めると疲れてるということを理由に協力なんてしてくれない人が多いですよね。

それを指摘すると状況が変わったとか意味不明な理屈で逃げてしまいます。

専業主婦の場合には妻は収入がないため離婚にまで発展するのはかなり時間がかかると思いますが、女性側もフルタイムでしっかり稼いでいる場合には上記のようなほんの些細なことがきっかけになってあっという間に離婚に発展するケースは多いでしょうね。

女性が別れると言い出した時にはすでに修復不可能の状態に陥っていることが多いので、世の男性陣はそうなってしまう前に察してあげることが大切ですよ。


旦那にイライラして嫌いになる6つのきっかけは?

大好きで結婚した男性でも、イライラしていたりストレスがどんどん蓄積されていくと嫌いになってしまいますね。

最近は離婚する夫婦がとても多いと言われていますが、そのほとんどが好きだった人を嫌いになってしまって結婚生活をそれ以上継続することができないと判断して踏み切るのではないでしょうか。

夫にとってはある日突然「あなたに愛情がなくなった」と言われて別れを告げられるわけですから青天の霹靂といった感じかもしれませんが、実際には妻はそこに到達するまでにかなりたくさんのシグナルを発していることが多いんですよ。

では、生涯を共に生きて行きたいと思って結婚した相手を嫌いになるきっかけはどんなことがあるのか、具体的な例で挙げて行きたいと思います。

共働きなのに家事育児に非協力的

男性が仕事をしているのはもちろんですが、女性もしっかり働いているのにほとんどの家庭は家事や育児のウエイトが奥さんに大きく傾いていることが多いですよね。

夫は仕事から帰ったらゴロゴロとのんびりしているのに、その傍ではバタバタと奥さんが食事の支度、片付け、お風呂の支度、翌日の支度と座るヒマもなく動き回っているんです。

それなのに子供が泣いても面倒を見てくれずに「泣いてるよ〜」と呼びつける。→妻のイライラが始まる

やることが山積みでバタバタしているのに「コーヒー入れて」「お茶入れて」「着替え用意して」など自分の用事を言いつける。→嫌いになりはじめる

こんな時、イライラしている奥さんの心の中に「旦那が嫌い!いなきゃ楽なのに」という悪魔が湧いて出てくるんです。

そしてそれがきっかけでどんどん膨れ上がって嫌いになって行くんです。

帰りが遅い

女性は仕事が終わっても夕食の支度に間に合うように猛ダッシュでスーパーで買い物をし、超特急で食事を作る毎日を送っています。

ところが男性は職場で誘われればいとも簡単に飲みに行き、帰ってくるのは午前様。

でも奥さんはたとえ同僚から誘われたとしても家事があるからと断ることがほとんどです。そして何時に帰るかわからない夫を待って寝ることもできずにいるんです。

そんなことが度重なるとそれがきっかけで「いなきゃ楽なのに・・・」とイライラして悪魔の心が顔を出し、大好きだった人を嫌いになっていってしまいます。

自分の趣味や娯楽に夢中

お互いに仕事を持っている夫婦にとって休日は家族サービスするためにはとても重要です。

しかし、旦那はこの休日を全て自分の趣味に費やしてしまうことが多いですね。

私も経験がありますが、旦那は休みになると早起きして子供たちが起きる前にさっさとどこかに出かけてしまい夕飯の時間まで帰ってこないということが度々ありました。

競馬やパチンコに行きたい時にはめちゃめちゃ早起きで家族サービスを強要されないように早朝に出かけてしまうんです。

奥さんはたとえ仕事は休みでも家のことや子供の世話は休みなんてありません。

そんな状態なのに旦那だけ好きなことばっかり・・・。

そのイライラしていることがきっかけになりどんどん嫌いになって話すのも嫌だと思うようになってしまうんです。

自分の仕事の大変さをアピール

全く家事を手伝ってくれない旦那にせめてこれくらいはしてよ!と用事を頼むと自分の仕事はこんなに大変なんだ!と懇々と説明を始める人がいますが、共働きなので奥さんも同じように仕事をしていますよね。

フルタイムで働いているならなおさら大変さは同じはず。

でも妻は仕事だけじゃなく家事も育児も全てこなしていますから、仕事の大変さを手伝わない口実にするのは嫌いになるきっかけになり得ますよ。

無神経な言動

夫と同じように妻も昼間は会社勤めをしているわけですが、自分は何もしない人ほどなぜか女性には家事も育児も完璧を求めるというケースが多いです。

さらに、家のことも子育ても女がするべき!という固定概念を持っている男性もかなり多いと思います。

それがよくわかる言動が、例えば何か家のことを手伝った時には「やってやったぜ!」感満載。

用事を頼むと「やってあげる」と恩着せがましい。

たまに手伝ったほんの少しの家事をいつまでたっても「あの時手伝ったじゃん」と持ち出す人は嫌いだし本当にイライラする。

お互いに昼間は仕事をしているわけですから、家事や育児も平等であるべきだと思うのですが、そこにはなぜか男女差別的な考え方が見え隠れするわけです。

しかも、部屋の片付けができていないとか掃除の仕方が悪いとか、いちいち超細かいことろまで指摘していては奥さんがイライラしてストレスが溜まる一方。

さらに、子供がいる人は夜泣きや寝グズで泣き止まない時に

「うるさい!黙らせろ!」

「俺は明日仕事なんだからどうにかしろ!」

なんて怒鳴られたりしたらもう最悪ですね。

これではいくら大好きで結婚した相手でもイライラしてちょっとしたきっかけで嫌いになっていってしまいます。

お金の使い方

いくら共働きとはいっても将来設計をしっかり立ててできるだけ貯蓄したいと考える奥さんが多いでしょう。

しかし、旦那は自分の趣味や娯楽には大金を費やしても何とも思わない人が多いですね。

共働きなので少しは金銭的に余裕があるかもしれませんが、妻はマイホーム貯金や老後の蓄えのために毎日できるだけ節約しようと夕飯の食材もいかに安く、なおかつ美味しく作るかと頭を悩ませているわけです。

そんな中、毎晩のように同僚と飲み歩いたり、休日の度にゴルフ三昧では嫌いになられてしまうきっかけになりかねません。

自分が使うお金は気にならないのに妻が使うお金にはめちゃめちゃ細かい旦那もいますよね。

私の元夫がこのパターンでしたが自分がギャンブルに費やすのは「いつか儲かる時がくるから」なんていう意味不明な理由で平気で一日に何万も使ってきてしまっていました。

そのくせ私が使うお金にはめちゃめちゃシビアでいちいち何を買うのに必要か、いくらかかるのか、買わなくて済むものじゃないのかなどチェックが入っていました。

その時の私の心の中は当然

「旦那・・・嫌い・・・」

ですよね。

この心境になるともう離婚まっしぐらのパターンじゃないかと思いますが、共働きの人たちの中にはこんなイライラしてしまうことやストレスとは無縁なんじゃないかと思えるほどうまくいっている夫婦もいますよね。

肉体的な疲労感や抱える問題は同じようにあるはずなのに、うまくいっている人はどうやって解消しているのか不思議だと思いませんか?

共働きでもうまくストレス解消する方法は?

ここからはイライラしてもそれをうまく回避して夫を嫌いにならずに仲良くできている人たちの解消する方法を見ていきたいと思います。

とにかく共働きの家庭では旦那が何もしない!手伝ってくれない!といった不満が溜まりに溜まって最高潮に到達することが最大のストレスの原因ですので、まずはそれを無くすことはできないまでも軽減させる方法を夫婦で話し合う。

夫婦で同じように働いて同じように疲れているにもかかわらず家事のウエイトが妻にばかりかかるのはおかしいという意思表示をして、無理のない役割分担をする。

そうすることでお互いがやるべきことがはっきりするので夫も手伝いやすいということと奥さんがあれもこれもやってくれない!とイライラして夫を嫌いになることを解消できますよね。

共働きでもうまくやっている夫婦はそれぞれに自分の思っていることを相手に伝えて話し合う機会を作って解決している場合が多いです。

かといってそこには至るまでに何のトラブルもなかったかというとそんなはずもなく、二人で何度も話し合い、お互いに譲歩しながら今のスタイルを作りあげてきたはずです。

ですのでまずは自分の中に溜め込んでおくのではなくどうしたいのか、何をしてほしいのかを旦那に伝えてみましょう。

また、子供の世話でほかのことに手が回らない時などは掃除が行き届かない、食事が手抜きになるということもある程度割り切ってよしとする!と自分で決めておくと気が楽になりイライラが解消できるんじゃないでしょうか。

ストレスを抱えて心身ともに疲れてしまっている人は完璧主義の人に多いと思いますが、何から何まで完璧にする必要はないんです。

手を抜いてもさほど影響がないことってたくさんあると思いませんか?

家事を例に挙げると毎日の掃除だって、今日一日しなかったくらい何てことないんです。

食事が週に何回かスーパーのお惣菜でも全然かまわないですよね。

一方で手を抜いてはいけないこともたくさんありますよね。

ですので家事や育児に優先順位をつけて、手を抜かないことはキッチリ。そこそこ手抜きしてもどうってことないものは適度に手抜き・・・。

自分の中でルールを決めてメリハリのある家事育児を行うということがストレスを解消する方法としておすすめです。

さらに、自分の時間を作るということも多くの人たちがストレスを解消するために行っている方法です。

寝る前のほんの少しの時間、一人になるタイミングを作って自分のためにコーヒーを入れるとか、週に何回か会社が終わって直帰せずに一人でカフェに寄ってしまうとか、休日のどれか一日を実家に帰ったり一人でショッピングに出かけてしまうとか。

とにかく家事から解放される時間を作るというのはイライラしている心を解消するためにとても有効ですのぜひ試してみてください。

また、毎日毎日夫や子供のために食事の支度をしているんですからたまには自分の食べたいものをリクエストして外食するというのもおすすめです。

近年、注目を浴びている家事代行を利用するというのもイライラしている気持ちを解消するひとつの手として考えてみてはいかがでしょうか。

家をピカピカにしてもらっている間、奥さんはショッピングに出かけたりカフェでのんびり・・・なんて嬉しいですよね。

これらのやり方を実践している人は、ストレスがあってもそれを溜め込まずに小出しに発散しているんじゃないかと思います。

「最近、旦那の顔見ただけでイライラする」

「何だかすごくストレスが溜まっている感じがする・・・」

と感じたら、爆発するまで溜め込まずにうまく解消して行くことが大切なんですねー!

二人の関係が修復不可能な状態にまでなってしまう前に話し合う時間を設けると、それがきっかけとなってお互いを思いやる気持ちを思い出すことができますからね!

今回は「共働きは旦那にストレスを抱えてイライラする!?」でお伝えしました!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です