パートとアルバイトの違いは?有給は?履歴書の書き方の差は?

NOBUです☆

本日のテーマは、「パートとアルバイトの違いは?有給は?履歴書の書き方の差は?」です。

仕事には正社員、派遣社員、契約社員などのフルタイムのお仕事とパートやアルバイトといったたくさんの区分があります。


正社員、派遣社員、契約社員はどの様なものなのかは知っている人は多いのですが、パートとアルバイトは言葉は知っていて使ってはいてもその違いは知らない人が多いと思います。私も昔は謎に思っていました。

今回はパートとアルバイトの違いや有給などの疑問や履歴書の書き方の差を特集します

 

☆パートとアルバイトの違いは?


なかなか分かりづらいのがパートとアルバイトの違いですね。
イメージとしてはパートは主婦などでアルバイトは学生などと想像してしまいます。
けれど、その違いって何でしょうか。
その違いについてお話ししていきます。

[パート] 正式名称はパートタイムです。語源は英語の「Parttime job」です。日本語では部分的時間労働と言う意味で、短時間労働者という意味になります。

[アルバイト] 仕事・研究・業績などの意味のドイツ語の「Arbeit」が語源です。
旧制高等学校生の間で使われた言葉で業績などの意味で使われていましたが、次第に「内職」や「副業」の意味で使用されることが多くなりました。
今のように知られるようになったのは戦後の事だそうです。
パートやアルバイトで言葉の意味の違いはあるものの、明確に区分はしていません。
企業が独自に区別しやすいように分類をしているようです。
少し前の時代はパートというと女性だけのものでしたが最近では高齢化が進んだせいか高年齢の男性もパートさんと呼ばれるようになってきました。
本来アルバイトは学生や正社員なとの本業のある人が対象となるようです。パートはアルバイトでない人が対象となっています。
最近はアルバイトでも本業を持たずにアルバイトのみで生計をたてている、そのような人をフリーターと呼ぶなど、新しい言葉もたくさん増えましたね。

実はパートもアルバイトも同じ「パートタイム労働者」になります。ですが、やはり企業によっては職務内容で差をつけているところがあります。パートは正社員と変わらない、ほぼ同じ業務をこなし、アルバイトは軽作業(雑務など)を行うといった区別も見られます。
企業によってはパートは長時間労働でアルバイトは短時間労働者という意味で違いを区別して募集している所もあるようです。

気になるのは言葉の違いだけではないと思います。お給料も気になるところです。
パートは正社員と同様にフルタイムで働く場合があります。このような場合はお給料が月給か時給かで分けられているようです。
アルバイトはパートと扱いが少し違い、臨時雇い労働者の意味もあったりでお給料の差をつけている企業もあるようです。仕事の責任はパートでもアルバイトでも正社員でも変わらないけれど、決められた時間に確実に働けるか働けないかで差は出てきます。そう考えるとパートの方がアルバイトよりも縛りはあるということになりますね。その分アルバイトよりもパートの方が時給が高いという事です。

また、昇給や賞与に関してはあまり期待できませんが、パートの場合は企業によっては少額出るところもあるようです。退職金に関してはほぼないと思います。

働く時間や曜日など、ある程度自由に選ぶ事が出来るし未経験でもOKの求人が多いのでスキルアップの為にアルバイトをしたい人や家の事情でフルタイムで働けないのでパートをしたい人には都合の良い働き方です。

パートの場合は出勤日数や時間で健康保険や雇用保険などといった福利厚生も利用出来る企業もあります。アルバイトでもある企業もあるようですが、ほとんどみられないですね。


 

☆有給はある?ない?

パートでもアルバイトでも時間や曜日を自由に選択出来るとはいえやっぱりお休みは気になりますよね。
中でも有給についてはとても興味深いと思います。
有給と言うと有給休暇の意味で、お休みしてもお給料が出る事を言います。
多くの人はパート、アルバイトには有給は出ないと思ってるのではないでしょうか?
実は基本的には労働者の権利があり、それはパート、アルバイトでも発生します。
ただ約束事(ルール)があります。

まずは有給休暇の仕組みや本来の意味についてお話します。

なぜ有給休暇があるのかと言うと、働く人達の心身の疲労を回復して心も身体も休める事でゆとりのある生活を保障する為。その為に企業がお給料を払うのでしっかりとお休みして後の業務を円滑に進めてくださいね。と言うものです。

しかし週1日で1日3時間しか働けない人が有給をもらえるかと言ったらそれは無理です。

基本的にはどちらも権利はありますが、権利発生要件がしっかりと決められています。働き始めて6ヶ月以上経過していて、1年間で出勤しなくてはならない日の8割以上の出勤をしている人に付与される権利が発生します。
有給は労働日数によって決められています。
週1日の勤務でも要件が満たされていれば有給の権利が発生します。

次に有給休暇の付与の基準についてお話します。

基本的に有給の条件は同じになります。ここからは労働基準法でも定められている内容になります。

週所定労働時間が30時間以上または週所定労働日数が5日以上の従業員はパート・アルバイトであっても基本に示す日数を与えなければならない。
また、週所定労働時間が30時間未満で、なおかつ週所定労働日数が4日以下の従業員については、週所定労働日数に応じて短時間従業員の日数を与えなければならない。
[基本] 勤務年数0.5年・・・付与 10日
勤務年数1.5年・・・付与 11日
勤務年数2.5年・・・付与 12日
勤務年数3.5年・・・付与 14日
勤務年数4.5年・・・付与 16日
勤務年数5.5年・・・付与 18日
勤務年数6.5年以上・・・付与 20日

[短時間労働者] ( )内は1年間です。
1)所定労働日数4日(169日〜216日)
2)所定労働日数3日(121日〜168日)
3)所定労働日数2日(73日〜120日)
4)所定労働日数1日(48日〜72日)

この順で見て下さい。
0.5年→1.5年→2.5年→3.5年→4.5年→5.5年→6.5年以上
1)7日→8日→9日→10日→12日→13日
2)5日→6日→6日→8日→9日→10日→11日
3)3日→4日→4日→5日→6日→6日→7日
4)1日→2日→2日→2日→3日→3日→3日

例えば週4日勤務を半年(0.5年)続けた場合は所定の8割以上の出勤で7日の有給休暇が付与されるという事になります。6.5年続けた場合は15日の有給休暇が付与されます。
この場合の雇用開始日は試用期間も含まれます。

この様にパートでもアルバイトでもしっかりと要件を満たしていれば有給はもらえます。
この事を知らない人は意外に多いようですね。

各種保険についてもどちらも適用されますが、当たり前ですが規定はあります。ただ、パートで各種保険に加入している人は少ないと思われます。保険料を全て会社で負担をしてくれるわけではないのでその分お給料から引かれてしまいます。そうなると引かれた額が手取りになるので手取りが減るのが嫌で加入しない人も多いようです。扶養になっている為に保険に加入する必要がない場合は収入額にもよりますが加入はしない人がほとんどです。
そのせいなのか適用される事を知らない人はたくさんいます。

安心して下さいね!
パートでもアルバイトでも、しっかりと守られているんですよ!

☆履歴書の書き方の差は?

パートでもアルバイトでも違いというのはほとんどないとお話ししてきました。

ですが、いざ履歴書を書くとなるとやっぱり気になるのが書き方ですね!

初めの方でもお話ししたように、パートの場合は主婦だったり男性だったり。仕事内容は正社員に近い事が多いという事。
という事は、履歴書の書き方もそれなりにしっかりとした書き方をしなくてはいけません。
パートだから何も責任のある仕事は任せないという会社はあまりありません。商談や決済などに関わる内容の仕事はほぼありませんが、それなりに重要な仕事を任されたりする事もあります。
履歴書には今までの経験や資格などを書いて勤務出来る曜日や時間もしっかりとアピールするという書き方をすると企業も選考しやすく、印象もよくなります。

また、アルバイトの履歴書の書き方は学生だったり本業が別にあったりでなかなか決まった時間に勤務する事が難しいので確実に出来る日時はしっかりと書くといいでしょう。
もし応募先が求めている資格があったらそれもしっかりとアピールしていきましょう。

写真は6ヶ月以内のものを貼る事はパートでもアルバイトでも同じです。

やはりパートもアルバイトも履歴書の書き方の差はほとんどありません。

学歴も記入してください。職歴は企業が関心を持ちそうな職歴は絶対に外さずに書きましょうね。
正社員との違いは色々ありますが、パートでもアルバイトでもやる気のある履歴書の書き方をしていればキチンと評価もしてもらえますよ!
このブログが少しでも参考になれば嬉しいです!

これからパート、アルバイトに応募する皆さま☆

良い結果になる事を願っています!

本日のテーマは、「パートとアルバイトの違いは?有給は?履歴書の書き方の差は?」でした。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です