ハローワークインターネットサービスの求人情報検索の仕方は?

こんにちは!NOBです!

みなさんが仕事を探したいと思った時にまず最初に頭に浮かぶのがハローワークじゃないでしょうか。


安心・安全に利用できる機関ですが近年では利用方法も変わってきているということです。

そこで今回は「ハローワークインターネットサービスの求人情報検索の仕方は?」でお届けしたいと思います。

ハローワークインターネットサービスとは?

私が仕事を探す必要があったのはもう十数年前。その頃には仕事を探すためにはハローワークを利用するか新聞広告、情報誌などで探すという仕方が主流でインターネットをで検索するということはまだまだ普及していなかった頃でした。

ですがこの数年で仕事探しの方法もずいぶん様変わりしてきていますよね。

インターネットを利用して職探しができる転職サイトなどが数多く出てきている昨今ではハローワークの利用方法も近代化されてネットを通じてサービスが受けられるということなんです。

そもそもハローワークがどんな機関かというのも知っておきたいですよね!

正式名称は公共職業安定所と言い、厚生労働相が設置する行政機関なんです。そういえば昔は職業安定所を「職安」って言っていた記憶が。

この機関を私たちが利用するのは主に仕事を探す時じゃないでしょうか。

求職者に対して職業の紹介や相談、さらに応募書類のことについてや面接の相談なども対応してくれています。

実際に私が現在の会社に就職した時もハローワークを通して入社しました。その頃はまだネットで検索する仕方なんてなかったので毎日通って求人情報を見て、希望に合った職業を見つけると窓口に申し出るという昔ながらの利用方法でした。

自分で求人情報の中から希望の企業を見つけるのは当然なんですが、窓口で相談すると希望に見合うような求人を見つけてくれる場合もありました。さらに、相手の会社と折り合いをつけてくれて面接の日時まで決めてくれたり、かなり親切に応対してもらった記憶が残っています。

また、仕事を斡旋してくれるだけじゃなく、他にもさまざまなサービスを受けることができます。

まずは雇用保険の手続きで、失業保険の手続きはここに出向いて行います。

また、職業訓練などの情報提供も行なっています。

このように職業斡旋以外にも色々なサービスを行なっているわけですが、私が利用していた時には昔ながらのアナログな利用方法だったんですが、近年ではハローワークインターネットサービスを受けることができるようになっているんですね!

詳しい内容は、昔ならわざわざ足を運んで職探しをしなければならなかったことを、家にいながらWeb検索サービスを使って24時間いつでも簡単に情報検索することができるという画期的なもの。

私の周りにも職探しをしている人はたくさんいましたが、ハローワークをあまり使いたがらない人がたくさんいました。

厚生労働相が設置する行政機関なので安心・安全ということは十分理解しているんですが、ここを利用するのはめんどくさいというのが一番ネックになっていました。

なぜかというと、まず車で行くと必ず停める場所がなくて困る!!

私の住んでいる地域では駐車場がそれほど広くなく、利用者が朝から駐車場に入れずに列を作っているのを目撃することもしばしばです。まずここで時間をかなり消費してしまいますよね。

そして希望の職を見つけて窓口に出して、紹介してもらったら面接の結果を報告する必要があるなど、いちいち手続きがめんどくさい。(これは私の勝手な意見ですが・・・)

こんなことから安心・安全ではあるものの新聞広告に入っているものや情報誌に載っているものに応募することのほうが多くなってしまっていました。

これは私だけじゃなく友人たちも同様でした。

ですが、インターネットサービスを使えば家でポチポチっと情報検索する仕方で職探しができるのでめんどくさいというのはなくなりますから利用しやすくなりますよね。


ハローワークインターネットサービスの求人情報検索の仕方は?

ハローワークインターネットサービスで手軽に仕事探しができるということをお伝えしましたが、実際に利用する場合にはまず窓口に行って求職者登録を済ませておく必要があります。

登録を済ませたら実際の情報検索の仕方は簡単で、サイト内にある検索ボタンをポチッと。

自分の希望条件などを選んで気に入ったものを選びます。この時に「求人番号」が出るのでこの数字を控えておいて、ハローワークに行って検索機でこの番号を入力。

そして窓口で応募するというの仕方になります。

仕事を探すのは家でいつでもできるんですが応募は窓口に出向かないといけませんので、効率良く職探しをするためにお気に入りの職をいくつか情報検索してチョイスしておいて窓口に出向くのがおすすめです。

ただし、このサービスで閲覧できるものは企業側が掲載を希望しているもののみになるため拒否されているものに関しては足を運ばないと見ることはできませんのでご注意を。

かつてのアナログな検索の仕方で行なっていた時代にもハローワークで求人情報を入手して自分で直接会社に面接の申し込みをするという人はたくさんいましたが、インターネットサービスは求人情報をいつでも入手できるので自分でどんどん面接の約束を取り付けることも可能です。

そうすれば窓口に出向く手間も省けるし結果の報告もする必要がなくて楽チン♪と思う人も多いでしょう。

ですが、やはりこの場合にはハローワークを通して応募することをおすすめします。

自分で募集を出している会社に連絡してもちゃんとした手順を通して応募するように言われてしまうことも。

また、紹介状を持って面接を受ける方が有利に働く場合もあるので紹介状を発行してもらう方がお得なんですよ。

この「紹介状」を持っているということは、行政機関にあなたのことを大丈夫ですよ!と太鼓判を押してもらったと同じこと。

なので窓口で紹介状を発行してもらって面接に臨む方が断然有利になるというわけです。

企業側としてはハローワークに求人を出し、ここからの紹介状を持っている人を雇った場合には助成金が出るということもあるので紹介状を持ってきた人を優先で雇うことになるのは必然でしょう。

ハローワークインターネットサービスの活用方法は?

せっかく便利な機能を使って就職活動をするわけですから十分に活用して有利に職探しをしたいですよね。

ここからは具体的に「こんな活用方法があるよ!」というものをご紹介していこうと思います。

まず、インターネットを通じて家にいながら情報検索をできるということから、夜遅くや早朝でも情報を閲覧することができます。

そして、ハローワークに出された新着の求人が一番早く閲覧できるのは早朝6時頃。この時間は当然窓口はやっていないのでまだ他の人は求人情報を見にきていませんよね?

そのホットな新着情報をインターネットサービスを利用する人はいち早く閲覧することができるというわけです。

ですので、新着情報のチェックは早朝に行なってください。そして、気に入ったものを見つけたらその日の午前中、それもなるべく早い時間帯に出向き、他の人よりも早く紹介状を発行してもってください。

また、夜遅くに情報を閲覧できるという点から気に入った仕事を家で検索しておいて、窓口が開いたらすぐに手続きしてもらえるようにすると他の人が閲覧している間にさっさと紹介状の発行まで済ませてしまえますのでこの仕方が効率的です。

また、求人情報を検索して自分の希望にあった職をひとつだけじゃなくいくつかチョイスしておいて、それを窓口に持って行って相談してみることも活用方法としてはおすすめです。

私が利用した時にも今の会社以外にも同じ職種の求人を2〜3社持って行き、そこであれこれ相談して最終的に今の会社ともう一社に応募することにした記憶があります。

募集には年齢制限が設けられていることがほとんどですが、これも多少年齢オーバーしていても職員に相談してみると企業側と折り合いをつけてくれて比較的オッケーになることが多いです。

また、職員には何でも相談してみるのがおすすめですよ。

たまたま担当に当たった職員によっても違いが出てきてしまうかもしれませんが、求人情報を見ただけではわからないことや不安な点なども相談してみるといいと思います。

私の時にはとても親切な職員の方に応対してもらって、私が提示したものの他にも希望に合いそうな職場を探してくれたり、企業側が希望する条件から外れていても交渉してくれて細かいことを色々と聞いてくれたりしました。

相談口ではこれらの相談の他にも面接の日時の取り決めなども行なってくれたり、履歴書や職務経歴書の理想的な書き方を教えてくれたりと色々なサポートをしてくれます。

私の場合は書類選考なしでいきなり面接だったので履歴書だけでOKでしたし職務経歴書も必要なかったんですが、まず書類選考から入る企業なら職員の人にチェックしてもらえるのは嬉しいですよね。

これらの応募書類の内容によって最初の関門を突破できるか否かが決まってきますから書類選考がある会社に応募する場合はチェックしてもらうのがおすすめです。

さらに私が利用した時には、応募したい会社の募集条件と合わないところがありましたが、これも職員の人がその場で電話して交渉してくれて条件から外れていましたがあっさりOKをもらえました。

合わなかった条件は学歴が短大・大卒以上のところ私はどちらも卒業していなかったことと、年齢が希望年齢と合っていなかった、パソコン経験者という条件でしたが私は未経験だったという点。

たぶん、あの時に私が個人的に会社に交渉してもきっと落ちていたような気がしますが、ハローワークの職員の人が交渉したからOKになったんじゃないかと思います。

このことから、求人情報で気に入った仕事を見つけても年齢が合わないとか学歴が条件の学歴に達していない、スキルが足りないなどでさっさと諦めてしまわずに、そういう時こそ職員の人に相談してサポートしてもらったらいいと思いますよ。せっかくこういう機関を利用するんですから活用方法を駆使して有利に活動したいですもんね!

私が小さい頃、まだ「職安」という呼び方しかしていなかった時代に母が職安に用事に行く時についていったことがありますが、その時には子供心にあまりいい感じがしない場所だという印象が強く残っているんですが、いましたがの会社に就職した時には建物がキレイになったせいなのか、世の中の風潮が変わったのかあまりイヤな印象を受けることがありませんでした。

むしろとても親切に相談にのってくれて、学歴もスキルもない私が希望の会社から雇ってもらえるように尽力してくれたり、もしそこがダメだった時のためにとキープしておく会社も勧めてくれたりと充実したサポート体制に驚いたくらいです。

インターネットサービスで求人情報検索ができるというのは今までよりも労力をかけずに簡単に、そして周りに気を使うことなく自分のペースで仕事探しができるのでとても便利です。

窓口では混雑していたり他の人が待っていたりすると周りに気を使ってじっくり探すことができない可能性もありますが家ならそんなことはありませんからね。

でも、応募するには窓口に出向く必要があるのでせっかく行くなら職員の人のサポートを受けて有利に就職活動してください!

ということで本日は「ハローワークインターネットサービスの求人情報検索の仕方は?」でした!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です