ケアマネージャーの受験資格と転職後の収入・給料は?

NOBです!

今回のテーマは「ケアマネージャーの受験資格と転職後の収入・給料は?」です!

高齢化が進む昨今、長期的にもどんどん需要が高まっていくことが予想される職業のひとつに介護職がありますね。

介護の現場では高齢者の身の回りのお世話をする立場の職員不足が問題になることが多いわけですがケアマネージャーになりたい人は少なくないはずです。


そんな人のために受験資格と試験に合格してから転職後の年間の収入や毎月のお給料について詳しくお伝えしていこうと思います。

ケアマネージャーとは?仕事内容は?

ケアマネージャとは正式には介護支援専門員といい資格を取得している人のことを指します。

仕事内容を挙げていくと、介護を必要としている人がいかに適切に介護保険サービスを受けることができるかといったケアプランの作成があります。

これは要介護者一人一人が抱える問題点や状態を聞き取り、それに合わせてそれぞれが望む生活に向けた目標を一緒に考え設定し、それを達成するためのサービスの種類や頻度を決定した計画書のことを指します。

これを作成する時には介護を受ける本人に何ができて何ができないのか、これから何をやりたいのかといった具体的なことを聞き取ることに合わせて介護をする家族にもさまざまなヒアリングを行い、介護支援する上での課題を把握する必要があり、この時にはそれらを分析する能力(アセスメント能力)が求められてきます。

さらにその後、サービスを開始してから対象者が適切に目標が達成できているかといった評価をすることも仕事のひとつ。

このようなケアプランの作成はケアマネージャーにしか行えない業務であるとともにこの計画書がなければ保険サービスを受けることはできないため仕事内容としては非常に重要な作業となります。

また、サービスを利用する時に必要な給付費用の管理も重要な仕事内容のひとつで適切に介護給付が行われるように書類の提出をする必要が出てきます。

それだけではありません。ケアマネージャーは高齢者それぞれに合った事業所を見つけるという役割も果たす必要があります。

例えば自宅で家族の手伝いを必要としている高齢者には訪問介護に適切な事業所を、通所希望の高齢者には日帰りで施設に通いサービスを提供している事業所を・・・といった情報を提供し目的に合うと思われる事業所を見つけるという役割です。

現在の日本には数多くの施設が存在し、その特徴もさまざまある中、それらを利用したい高齢者が自分に適切な事業所を見つけることはかなり困難なことですが、プロであるケアマネージャーがお手伝いすることで利用者にとって最適な施設を探し出すことができるわけです。

また、これらの施設で問題が起きたりした場合でも、高齢者は施設のスタッフに言えずにストレスを溜め込んでしまうこともありますが、そんな時にはケアマネージャーがその意向を相手側に伝えたり、逆に施設から利用者への要望を伝えるなど橋渡し役を勤めることも。

ここに挙げた役割の他にも高齢者本人に限らずその家族からの相談を受けたりという仕事内容も重要な役割のひとつ。

このようにケアマネージャーの仕事内容はプラン作成だけでは終わらずにそれは多くの業務をこなす必要が出てくるということになりますね。

ただ、中にはケアマネにはできない仕事もいくつかあります。

それは、例えばトイレや食事のお手伝い、着替えやお風呂のお手伝い、体位を変えたり移動のお手伝いなど、通常はヘルパーが行う仕事はできません。

この他にも家や部屋の掃除をしたり、買い物や食事の支度など生活において高齢者のお手伝いをすることもヘルパーの仕事ですのでケアマネはできない業務となります。


ケアマネージャーの受験資格と合格率は?

介護の現場では人手不足が深刻な状況ということはよく知られている事実ですが、そうかといって誰でもケアマネージャーとして働けるというわけではありません。

資格を取得する必要がありますが、受験するためにはある一定の条件を満たしていることが求められるので、ヘルパーなどで働いている職員の人が今の収入よりも増やしたいとチャレンジしたくても簡単にはいかないということになります。

この条件が2018年から一部変更があり、それ以前に比べるとより厳しい条件となるようです。

2017年までの受験資格は国家資格を所有し、かつ本来の業務経験が5年、施設などの相談援助業務の経験が5年、介護資格と合わせて介護等の業務経験が5年、介護の資格を取得していなくても実務経験が10年以上・・・以上の4つのうちのいずれかを満たしていればOKでした。

ですが2018年からは受験するためにはさらにハードルが高くなります。具体的には

・特定の国家資格を有し保健、医療、福祉に関する国家資格に基づく業務に通算5年以上実務経験があること。

ここで該当する国家資格は医師、歯科医師、薬剤師、保健師、助産師、看護師、准看護師、理学療法士、作業療法士、社会福祉士、介護福祉士、視能訓練士、義肢装具士、歯科衛生士、言語聴覚士、あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師、柔道整復師、栄養士、管理栄養士、精神保健福祉士となっています。

・生活相談員、支援相談員、相談支援専門員、主任相談支援員として特定の福祉施設や介護施設、あるいは障害者施設で通算5年以上の実務経験があること。

という条件のどちらかを満たしていることが受験資格となっています。

2017年までは介護資格を持っていない場合でも実務経験を長く積むことで今以上に収入を増やしたいと思っている人がチャレンジすることができたのでより多くの人にチャンスがありましたが、2018年からはいくら長くこの職種に携わっていてもまずは介護福祉士などを取得した上で実務経験を積む必要があるためこの仕事に就いている人がチャレンジできるようになるまでには長い道のりのように思います。

ケアマネージャーを受験するにあたり気になるのは合格率ですが、これは以前に比べると年々下がっているというのが実情です。

合格ラインはその年の難易度によって違ってきますが2017年に行われた試験では合格率が13.1%と過去最低。

ここ数年は20%を切っているということを考えると難易度が上がってきていることは間違いありません。

試験内容の難易度が高くなっていることも合格率の低下の原因に挙げられますが、それに合わせて受験資格に必要な条件が昔に比べてかなり厳しくなっていることも挙げられるでしょう。

ですが毎月の給料の面を考慮するとせっかく介護の仕事をするなら頑張って試験に受かって高待遇で働く方がいいはずですし年間の収入をアップしたいと新しい職場に就職する時にも有利になることは間違いないです。

転職後の収入と給料は?

受験資格を満たしてめでたく合格しケアマネージャーになれた場合、転職後の毎月の給料はそれまでとどう変わってくるのかということを見ていきましょう。

ちなみに私の周囲でよく聞く噂は介護職は大変な仕事の割には年間の収入などの待遇はあまり良くないということ。

ただ、私の周囲の介護職に就いている人はケアマネージャーでなくヘルパーですので実際の給料は違っているはずです。

ケアマネに転職した場合の年間の収入は平均して370万円〜400万円ほど。毎月もらえる給料にすると26万円〜34万円ほど。

ですがこの場合、年齢や経験年数、勤めている施設、お住まいの地域などで大きく違ってくるのであくまでも参考までということになりますが、受験する前と比べてケアマネージャーとして常勤で勤めるとこの金額が収入の平均ということになります。

また、中には常勤ではなくパートタイマーや派遣の人もいると思いますが、この場合の給料は時給で換算されます。

パートタイマーで転職後の時給は平均して1200円〜1500円となっていますが普通の介護職でパートや派遣で働く場合は平均850円〜1000円ほどですのでかなり高い時給が設定されていますよね。

受験資格を満たすまでに経験年数を積む必要があり実際に試験を受けられるようになるまで数年間を要する点は躊躇してしまうことかもしれませんが、試験に合格してケアマネージャーになってしまうとヘルパーなどの通常の介護職と比べると年間の収入の面では格段に優遇されていることが見て取れます。

この職種は比較的女性が多く活躍している職種ですが、私自身がこれまで経験してきた職業を見ても女性でこの給料を得られる仕事というのはなかなか見つけることはできないと思います。

また、現在でも高齢化社会と言われていますがこれからさらに高齢化が進んでいくことは想像ができますね。

そんな中、この職種はこれから先、どんどん需要が増えていくことが予想されますのでもしも転職を考えることが出てきても就職に困ることがないですし給料もアップするので期待ができる業種です。

ここまでケアマネになりたい人に必要とされる受験資格や年間の収入と毎月の給料についてお伝えしてきましたが、高齢者を一般の家庭で家族が手伝うということは並大抵のことではないですよね。

我が家も高齢者を抱えていますがありがたいことに一人でなんでもできる元気な年寄りですので家族の手を煩わすことがなく助かっていますが、実際にこの目で老いていく親を見ていると、ほんの数ヶ月前までは簡単にできていたことが困難になってしまったり、ほんの少しの段差でも足が上がらずに転んでしまったり・・・そしてそれができないことて本人もイライラしますし家族もそれまでの親と違うことに苛立ってしまったりとなかなか冷静に対処することは難しいと実感しています。

そんな時、ヘルパーやケアマネといった介護のプロは数多くの高齢者を介護してきた経験から冷静に、そして的確に老いと向き合ってくれるので給料を貰って仕事としてやっているからできるということもあるかもしれませんが、それを踏まえてもありがたい存在だなと感じます。

排泄のお手伝い一つとってもど素人の家族がオムツをうまく交換できずにモタモタしたり、トイレに連れていって排泄させることが上手にできなかったりすると介護される側にもストレスになってお互いに不満を溜め込んでしまう結果になりかねませんがプロに任せておけばそんな心配もしなくて済みますから。

ですが、いくら資格を持って給料をもらっているプロといってもそれぞれに得意なことと不得意なことがあるのは当然です。

全ての高齢者が担当についたケアマネと相性が合うかというのは実際にやってみないとわからないというのが本音です。

もしも担当者と合わないと感じた時にはその旨を申し出て担当を変えてもらうことも大切です。

以上、今回は「ケアマネージャーの受験資格と転職後の収入・給料は?」でお伝えしました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です